TOP

03-3567-0055

受付時間 10:00-19:00

カウンセリング予約
メール相談
LINE相談

お顔の治療

鼻の整形

耳介軟骨移植

鼻先を細く高く整えたいかたに適した手術が、耳介軟骨移植(じかいなんこついしょく)です。この方法は、耳から軟骨を少しいただいて鼻先に移植する方法です。鼻先には、人工物は適しません。シリコンや溶けると言われている素材もありますが、そのような人工物の移植後では、鼻先の皮膚が薄くなってしまったり飛び出てきてしまったりというトラブルを起こしやすいので、鼻先はご自身の体の材料で作る方が安全です。

自分の組織は触り心地も質感も自然で、人工物にはないナチュラルな仕上がりになります。また、人工物よりも細菌感染に強く、手術後に誤ってぶつけてしまったり怪我をしてしまった時のダメージに強い傾向にあります。

手術は、鼻の穴の中の切開から可能です。軟骨は、耳の後ろの目立たない付け根の部分や、耳の穴の中を切開していただきますので、傷跡は目立ちません。取り出した軟骨を、高さが欲しい場合は階段ピラミッド状に積み重ねて使用したり、ごくナチュラルに仕上げたい場合は、マンゴーを食べる時のようにサイの目を入れて球体に加工して移植したりします(この方法はマンゴーグラフトと呼ばれています)。移植したら鼻の中を溶ける糸で縫合して終了します。耳介軟骨移植だけであれば固定がいらないことが多いです。

こんな方におすすめ
  • 鼻先を高くしたい
  • ブタ鼻、わし鼻、団子鼻の治療
  • 鼻先を下向きにしたい
  • 人中を短く見せたい
  • 大人っぽい印象にしたい
  • 確実な効果を望んでいる
  • 安全性が高い施術を希望している

耳介軟骨移植とは

耳介軟骨移植とは、耳の軟骨を鼻先に移植する手術です。では、なぜ耳介軟骨が良いのでしょうか。それは、耳介軟骨は適度な柔らかさと弾性を兼ね備えた軟骨だからです。

人間の軟骨には、硝子軟骨(しょうしなんこつ)と弾性軟骨(だんせいなんこつ)の2種類があります。硝子軟骨が硬い軟骨であるのに対して、弾性軟骨は曲げ伸ばしできる適度に柔らかい性質を持つ軟骨です。鼻先に硝子軟骨を持ってきてしまうと鼻先が硬くなって不自然な印象になるのに対して、弾性軟骨の場合は硝子軟骨よりも柔らかさがあるので自然な仕上がりにしやすいです。

また、入れた軟骨のシルエットが浮き上がってしまうといった合併症を起こしづらいです。軟骨は耳の穴の中や耳の裏側のような目立ちにくい場所からいただきます。ご自身の組織ですので鼻の組織に馴染みが良く、アレルギー反応や拒絶反応がありません。

耳介軟骨移植_施術イメージ

耳介軟骨移植_耳の軟骨の採取方法

耳介軟骨移植の効果

のっぺりした印象の顔も、鼻先を高くしてメリハリをつけることで立体感が出ます。横から見た時も鼻先が高くなりイーラインが整いやすくなります。

軟骨を入れる量や向きを調整することで、アップノーズにも、斜め下に伸ばすこともできます。鼻の穴が見えやすい方や人中を短く見せたいかたの場合は斜め下方向に鼻先を延長するように耳介軟骨を入れると良いでしょう。

この施術は、キレイめ、大人っぽい印象になりたいかたに向いていますが、可愛い鼻を目指す場合でも、忘れ鼻的な鼻になるような手術(小鼻縮小、鼻尖形成、骨切りなどの手術)のアクセントとして耳介軟骨移植をすると良いと思います。

耳介軟骨移植の副作用と限界

極端に高さを出しすぎると軟骨が浮き出てしまったり、鼻先が曲がってしまうこともありますので、人間の限界を超えない範囲で耳介軟骨移植をする必要があります。

とはいっても、肋軟骨などの硝子軟骨を鼻先に移植したり、シリコンなどの人工物で鼻先を形成するよりはリスクは低いです。また、耳介軟骨には、軟骨膜や脂肪などの軟部組織をくっつけた状態で採取することが可能です。そして、それらの軟部組織を皮膚側にして移植するとクッションの役割を果たすので、軟骨が浮き出てしまうというリスクも減らすことができます。

入れた軟骨はズレやすいのか?

移植した耳介軟骨は周囲の組織と癒着します。移植してから1ヶ月くらいの間はまた、周りの組織に馴染んでいない(強くくっついていない)ので強くぶつけたり、鼻先を曲げたり、潰したり、強く鼻をかんだりといったことはしない方がいいでしょう。

1ヶ月くらい経過したら、軟骨は周囲の組織と癒着しますので、よほど強い衝撃を与えない限り問題になることはありません。

軟骨の浮き出しの対策として

鼻先がかなり低いかたで、高さを出したい場合、皮膚を思い切り軟骨で持ち上げることになります。

肋軟骨のような硝子軟骨を移植した場合は皮膚を強く持ち上げる力がありますので、軟骨のシルエットが浮き出しやすいのですが、耳介軟骨の場合は浮き出にくいです。それでも、例えば軟骨にして5段重ねくらいに重ねたものを入れる場合は、軟骨が浮き出ることがあります。

軟骨の浮き出しを予防する方法として、軟骨に軟部組織をつけたままそれをクッションになるようにして移植する場合と、真皮脂肪移植という方法を耳介軟骨移植に組み合わせて行う場合があります。真皮脂肪とは、皮膚の成分である真皮に皮下脂肪をつけた状態で採取して、それを鼻の皮膚と軟骨の間にクッションのように挟み込むという方法です。また、そのようなクッションとして側頭筋膜などの筋膜も使用する場合があります。

各人の好みに合わせたオーダーメイド治療

鼻の手術は、顔の手術のなかでも特にオーダーメイド的な要素が強いと思います。鼻は顔の中心にあるため、そのかたの印象を決定づける要素は目と同様に大きいものです。

鼻先の仕上がりを理想に近づけるためにはオーダーメイドの治療が欠かせません。耳介軟骨の加工のしかたや、入れるボリューム、向き、固定の方法など、当院ではこだわりを持って手術治療に取り組んでいます。

 

リスク・副作用・合併症について

  • ・軟骨の輪郭が浮き出ることがあります。
  • ・鼻先や鼻の穴の形の左右差が出ることがあります。
  • ・仕上がりが完璧に自分の理想の形と異なることがあります。
  • ・感染を起こすことがあります。
耳介軟骨移植の施術料金
耳介軟骨移植 330,000円(税込)
血液検査    11,000円(税込)
局所麻酔の場合は55,000円(税込)、静脈麻酔の場合は110,000円(税込)麻酔代金が必要です。
施術時間 45分程度です。
ダウンタイム 鼻の周りの腫れ浮腫は軽度ですが7日程度、軟骨をいただいた箇所も同様。痛みは軽度で、痛み止めでコントロール可能、手術当日は鼻の傷から血がにじむことがあります。鼻尖形成などの他の手術と併用した場合は、テープやギプスなどで鼻を3から7日固定することがあります。
入院の必要性 なし
通院回数 翌日に来院していただく場合があります。手術後1週間後くらいに様子を見せていただきたいです。
その後の通院は任意ですが、1ヶ月、3ヶ月と検診にてきちんと仕上がっていることを確認できればと思います。遠方の方はLINEのビデオ通話などでオンライン検診もできます。
持続性 永久的
傷跡 鼻の穴の中なので外からは見えません。耳の軟骨採取部位は、耳の穴の中または耳の後ろの付け根の部分でいずれも目立ちにくいです。

耳介軟骨移植FAQ

  • 小鼻の形を変えたい

    小鼻の形を変えたいのですが、小鼻縮小とはちょっと違うと思っています。 希望している形は、単純に手で小鼻を両側から少し押したときのように、鼻の穴を鼻尖方向に長くするイメージです。鼻の容積?自体を変えたいわけではないのです。 「鼻尖形成」で調べてみると、やはり何か入れたり切ったりするようなのですが、そのような手術しか方法はないのでしょうか?

CONTACT

お問い合わせ

まずは無料のご相談から。
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談・ご予約はこちら

03-3567-0055

受付時間
10:00 - 19:00

鼻の整形
その他の診療科目

TOP

マイアミ美容外科イメージ画像