脂肪注入と併せて、シリコンバックかヒアルロン酸を同時に手術することはできますか?

豊胸
ヒアルロン酸

30代・女性

脂肪注入とシリコンやヒアルを合わせる豊胸はできますか?
ばれない豊胸を検討中です。1カップは確実に上げたいのですが、痩せ型ですので十分な脂肪が採れないかもしれません。
脂肪注入と併せて、シリコンバックかヒアルロン酸を入れた方がいいのかも?と思うのですが、同時に手術することはできますか?傷口は少ない方がいいので、できれば同時がいいと思っているのですが、やはり別の日がいいのでしょうか。

先生からの回答

ばれない豊胸は、1回の施術で0.5から1カップのバストアップになります。
ただ、カップというのはバストの下の線(乳房下溝)から乳輪の上縁までのボリュームで決まってきます。デコルテの部分はカップに包まれませんよね?ばれない豊胸では、実際のカップに関係する乳房の下の部分にも注入しますが、デコルテなどのカップとは関係のない場所にも脂肪を注入します。
デコルテを盛ったからといってカップがおおきくなるわけではありません。しかし、デコルテに注入すると乳房の上の方からふわっと大きくなりますし、形が綺麗になります。その結果、実際のカップが上がらなくても胸は大きくなりますし大きく見えます。
以上のような理由で、実際のカップが1回で1カップ上がらなかったとしても、ご自身が抱いていた1カップのイメージになるために満足するかたが多いです。

実際のカップをあげることにこだわる場合は、良くて1回、悪くても2回すれば1カップアップできると思います。そこで、痩せ型ということが関係してきます。心配されているように脂肪が取れない可能性があるかもしれないということですね。
結論から申し上げると、痩せ型でも脂肪豊胸は十分可能です。BMIというのをご存知でしょうか。体重kgを身長mで割って、さらに身長mで割った値です。これが18以下を痩せと言います。銀座マイアミ美容外科では一番痩せているかたで、BMIが14の患者さんに脂肪豊胸をした実績があります。まず間違いなく脂肪豊胸出来ますのでご安心ください。
脂肪注入とあわせてシリコンバックも行う事が出来ますし、実際に痩せている方の場合はシリコンだけ入れるよりもシリコンのフチが目立たなくて良いというメリットがあります。
ヒアルロン酸は残念ながら脂肪注入と同時には行わない方が良いです。感染症や脂肪壊死のリスクが上がる事が懸念されます。
脂肪豊胸ののちにヒアルロン酸を注入したい場合は、最低でも脂肪豊胸の手術から1ヶ月は経過してからが良いと思います。その際、当院では超音波検査をして、脂肪の定着具合をチェックして問題ないようならばヒアルロン酸豊胸をするという方針をとっています。