骨切りと歯列矯正の違いは?

輪郭形成
顎の形成

20代・女性


骨切りと歯列矯正の違いは?

上顎前突(多少乱杭歯でかなりの出っ歯)なのですが、歯医者さんで診ていただいたら抜歯4本で歯列矯正と言われました。
歯科矯正以外で、できれば抜歯をあまりしない方向で、形成手術はできないでしょうか?
もし外科手術と歯列矯正を併せた方が仕上がりがよければ、金額や期間などから検討したいと思っています。

先生からの回答

当院では、骨切りとして、上顎はワシュムンド法、下顎はケーレ法という方法を用いて治療しています。どちらの方法も、前から数えて4番目の歯を抜いて、後ろに下げる方法です。前歯部矢状骨切術とも呼ばれている方法です。残念ながら最低限度の抜歯は必要な方法になります。歯科矯正をする場合は、当院では骨切りをしてからの矯正またはセラミックによる治療をお勧めしています。なぜならば、最初に顎の骨ごと歯を動かすことで、後の矯正が簡単になるからです。まさに、基礎工事(骨切り)を終えてからその上に家を建てる(矯正)ようなものです。顎骨(がっこつと読みます)を前から後ろに移動させることで顔貌が1回の手術で改善します。場合によっては、下の顎の骨切りをすることもありますが、それが必要かどうかは、状態を見てみないとわかりません。骨を移動して、基礎が整ったら落ちついて矯正をしたら大丈夫です。ただし、矯正は必須ではなくて、しなくてすむかたが多いのも事実です。実際に診察をさせていただければ、矯正まで必要かどうかがはっきりと分かります。手術後の歯科矯正治療は半年から1年間くらいになることが多いようです。矯正の他には、セラミック矯正という方法もあり、その場合は数週間の治療で終わることが多いです。カウンセリングにお越しいただければ、どのような内容の手術が最適かということと治療費用を正確にお伝えできます。

ご予約・ご相談contact

お電話でのご予約・ご相談 03-3542-5551
受付時間
10:00~19:00