腫れが気になります。いつまで仕事を休んだらいいでしょうか?

若返り治療
眼瞼下垂

50代・女性

眼瞼下垂の術後の腫れが気になります。いつまで仕事を休んだらいいでしょうか?

両目の眼瞼下垂の手術を検討しているのですが、術後が心配です。
術後はどのような経過ですか?
そんなに目を酷使する仕事ではありませんが、普通に見えていないと仕事にはならないです。
何日ほどで普通に見える(目が見える、かつ、人から見て普通に見える)ようになるでしょうか。

先生からの回答

眼瞼下垂の手術後ですが、手術直後から”目は見えます”ただ、手術の日は少し涙がちになったり腫れもあるので若干の見えづらさはあるかもしれません。普通の見え方が10だとして、全く見えないが0だとすると8から9といったところでしょうか。人からみて普通に見えるようになるのは、平均的に2週間くらいかと思います。参考までに全切開と挙筋短縮をしたかたの写真を添付いたします。


一番上が手術前、真ん中が手術後1週間、一番下が手術後1ヶ月です。

当院では、手術用の顕微鏡と炭酸ガスレーザーを使用した瞼の手術を実施しています。高拡大で手術することで、より精密で厳密な手術が可能です。切開は、炭酸ガスレーザーを使用することで出血や腫れを最小限に抑えます。


全切開、挙筋短縮

定価 50万円(全切開、挙筋短縮、局所麻酔)税抜き価格

合併症 はれ、むくみ、内出血がおこる可能性があります。1週間位は腫れ浮腫が出ると思って下さい。むくみは1週間から2週間くらいかけてゆっくり引きます。ごくたまに、感染が起きたりむくみが長続き(1ヶ月くらい)する人がいます。微妙な左右差は出ることがあります。
合併症が起こっても、当院で責任を持って治療します。
手術を受けた人全員が写真の様な変化をするわけではない事にも注意してください。その人ごとに個性がありますので、手術の結果にも個人差はあります。

銀座マイアミ美容外科の目の整形についての詳細はこちら