眼瞼下垂の手術をしても、また下垂することはありますか?

若返り治療
眼瞼下垂

60代・女性

眼瞼下垂の手術をしても、また下垂することはありますか?

加齢もあって、軽度の眼瞼下垂です。
手術で治したいと思うのですが、軽度ですので、たとえば5年、10年したら老化で結局また下垂してくるのであれば、今は何もしないでしばらく様子を見てもいいかなと思う程度です。
逆に、一度切ってしまえばもう物理的に下垂はなくなる、というものなら、早く治療してしまいたいです。
眼瞼下垂の手術をしても、また下垂することはありますか?

先生からの回答

瞼はそれ自体、年齢とともに皮膚のたるみが生じて、さがってしまいます。それは、眼瞼下垂の手術をしたとしても同様で、5年や10年したら、手術していない目と同じく老化します。なので、残念ながら、眼瞼下垂の手術をすることで、その後の老化を止められるわけではありません。

ただし、眼瞼下垂の手術とともに、余分な皮膚を除去する手術をした場合は、その後に皮が垂れ下がってくるまでの期間が延長します。また、眼瞼下垂の手術には、見た目のアンチエイジングの効果があります。60代ということであれば、皮膚切除などを組み合わせることで、50代くらいの見た目にすることが可能です。

一旦、砂時計をひっくり返して10年分の砂を戻したのちに、また元に戻して再開させるようなイメージを持っていただければと思います。手術の侵襲としては、小さいですから、悩んだ時に手術する方が5年や10年待っているよりも(悩み続けているよりも)メリットの方が大きいかと思います。
眼瞼下垂の手術をしたら、ハードコンタクトレンズを装用したり、白内障などの眼球の手術で開瞼器という機械を使用したりしなければすぐに再発ということはありません。加齢による眼瞼下垂の発症を考えたとしても、20年から30年くらいは再発しないのではないでしょうか。


銀座マイアミ美容外科の目の整形についての詳細はこちら