歯列矯正と骨切りを比べたときの、メリットやデメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

輪郭形成
顎の形成

20代・女性


歯列矯正と骨切りを比べたときの、メリットやデメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

上顎の歯すべてが、下顎より内側にある不正咬合です。
数年前から歯列矯正を検討していたのですが、やはり長い治療期間とその最中の痛みのことが気になり、最近骨切りも考え始めました。
歯列矯正と骨切りを比べたときの、メリットやデメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

先生からの回答

歯列矯正は歯並びを綺麗に整えることはできますが、顎のしゃくれなどの顔貌を変化させることはできません。歯列は綺麗に整っても、長い顎やしゃくれた顎、顎の歪みや左右のずれなどの見た目は変化しません。そして、治療に年の単位が必要です。反対に、骨きりでは1回の手術で、顔貌は綺麗に整いますが、歯の1本1本の並びを変化させることはできません。当院では、上顎、下顎ともに抜歯を伴う手術としては前歯部矢状分節骨切り術(ワシュムンド法、ケーレ法)を行なっています。これらの手術は、前歯6本を一気に後ろに移動させて、出っ歯や反対咬合を治すとともに、見た目も改善します。この手術は、前から数えて4番目の歯を抜きますので、すでに抜歯して矯正をしてしまっているような場合はできません。また、3番目の歯と5番目の歯が健康である必要があります。当院では、サージャリーファーストといって、最初に骨切りをすることをお勧めしています。最初に骨切りをしてしまえば、見た目がまずガラリと改善します。その上で、必要ならばゆっくりと矯正治療をするか、セラミックなどで短時間に歯並びを整えてしまえばよいと考えます。歯列矯正治療だけで、顔貌まで著しく変化すると考えている方がいらっしゃったら、それは誤りです。”矯正をしたけれどもしゃくれ感が残ってしまった””矯正をしたけれども顎が長いままで困っている”ということを訴えて、当院にこられるかたは多いです。ちなみに、顎先の中抜き(短くする手術)やオトガイ形成(顎を出したり引っ込めたりする手術)は、矯正治療中でも可能です。矯正器具を歯につけたままでも、問題なく手術できます。

ご予約・ご相談contact

お電話でのご予約・ご相談 03-3542-5551
受付時間
10:00~19:00