咬筋ボトックスは、何か月くらい有効ですか?

輪郭形成
顎の形成

30代・女性


咬筋ボトックスは、何か月くらい有効ですか?

噛みしめる癖があって、奥歯がすり減るほどです。
先日歯医者さんで、「エラも張ってますね。歯ぎしりもそうだけど、普段から噛むのが強いんでしょうね」と言われました。
輪郭形成のメニューに、咬筋ボトックスというものがあるのを見つけたのですが、これは何か月ほど効いてくれるのでしょうか?
咬筋ボトックスと咬筋切除とでは、どちらが効果的でしょうか?

先生からの回答

咬筋ボトックスは咬筋(噛みしめる筋肉)を一時的に麻痺させることによって、筋体を痩せさせる方法です。
薬の効果は4ヶ月から6ヶ月持続します。薬の効果は仮に半年だとしても、半年間筋肉が動かないことで筋肉が痩せます。半年間寝たきりの状態を想像してみてください。体の筋力がかなり衰えますよね。腕や脚も細くなってしまいます。それと同じようなことが咬筋でひきおこされます。
薬の効果が切れると筋肉は徐々に動きだします。そのままにしておくと半年から1年くらいかけて徐々に元の大きさに戻っていきます。

咬筋ボトックスは、半年から1年ごとに繰り返すとより効果的です。私は1年半に1回くらいのペースでしています。半年動かなかった筋肉は、痩せますので再び元の筋肉に戻る前にボトックスを追加することで細さをキープできるということになります。歯ぎしりが改善しますので、歯の健康にとっても、良い施術だと思います。

輪郭形成の詳細はこちら