他院で目頭切開をしたんですが、手術直後から目やにと涙目が治らなくて困っています。

二重まぶた・目の整形
目頭切開

20代・女性

W法で、4ヶ月くらい前に、目頭切開をしたんですが、手術直後から目やにと涙目が治らなくて困っています。
ピンクの肉が完全に見えるようにしてもらったのでしっかり皮を取っていると思います。
手術をしたクリニックから近くの眼科を紹介してもらい、涙を蛍光緑みたいな薬でみてもらったところ、”溜まり方は正常だけれども流れが悪い。るいてんが少し離れているからかなあ。”と言われて、目薬だけ処方されました。
目頭切開をした後にこんなに目やにが増えたり、涙が増えるようなことはあるのでしょうか。これは、切りすぎたのが原因なのでしょうか。
もし、このような症状が続く場合は、手術などで治すというのは可能なのでしょうか。そのあたりが大変気になります。
修正する場合は、大掛かりな手術になってしまうのでしょうか。
また、どのような方法で修正することになるのでしょうか。見た目は気に入っているのですが、涙のことだけが気になっています。
美容外科の先生に涙の相談をするのもちょっと違うのかもしれませんが質問してしまいました。

先生からの回答

涙目、目やに増加というのは、少し心配ですね。
というのは、目頭には涙の通り道で大事な部分があるからです。
涙というのは、涙腺というところで作られて、目の表面を潤したのちに、目頭にある涙点(るいてん)というところから吸い込まれて、鼻の方に流れていきます。泣くと鼻水が出ますが、あれは涙です。目薬をさすと口の中が苦くなりますが、薬が目から鼻、喉に流れるからなんですよ。

目頭切開を強めにした場合、普段は眼球にくっついている涙点が離れてしまうことがあります。
涙は眼球の表面を流れてくるので、涙点が離れてしまっていると、うまく涙点に涙が流れ込みません。
なので、目の表面のゴミが流れづらくて目やにが増えたり涙目になったりします。

私が、大学病院で形成外科をしていたころの話ですが、他院で目頭切開をしたあとから涙が止まらなくなったということで、相談にみえた患者さんがおられました。
診察すると、なんと両方の涙の通り道が全て、目頭切開の手術によって切断されてしまっていました。顕微鏡でつなぎなおして治りました。
これは、とても極端な例ですが、目頭の解剖を熟知していないとこのような重大な合併症を起こしてしまいます。
目の手術をするからには、眼球のことや涙のことを含めた眼球表面(オキュラーサーフェスといいます)に十分配慮した手術をする必要があります。

今回の修正では、皮膚が足りなくなる部分がありそうですので、皮弁という方法を使って修正すれば大丈夫だと思います。
それほど大掛かりな方法でなく、もちろん日帰りで可能です。
少し、目頭を戻す方向に移動させますが、なるべく今の気に入っている形を変えないような工夫をしてみますね。
マイアミ美容外科は目周りを特に得意としていますので、安心してお任せ下さい。

ご予約・ご相談contact

お電話でのご予約・ご相談 03-3542-5551
受付時間
10:00~19:00