5年前に埋没法をしたのですが、最近線が薄くなってきました。

二重まぶた・目の整形
埋没法

20代・女性

5年前に埋没法をしたのですが、最近線が薄くなってきました。元々は奥二重でした。当時は、幅の広い末広型の二重にしてもらいましたが、最近、元の二重の様になってきてしまいました。糸が取れているのかと素人考えですが思います。

一昨年、バセドウ病と診断されたのですが、それも関係しているのでしょうか。現在は、薬の内服は必要ですが、担当の先生から病気は落ち着いていると言われています。

今回、二重にするなら、また埋没法をしたいのですが、バセドウ病でもできますか?目はそれほど出てきてはいないので、5年前と状態はあまり変わらないように思います。

また、二重の幅は前回よりも広くしたいです。前回の糸は取らなくてはいけないのでしょうか。それとも何回も埋没法をするのは目にとってよくないのでしょうか。この際、切開法にしてしまった方が良いのでしょうか。質問をしているうちにだんだん不安になってきてしまいました。 最後に、幅は広くしたいのですが、並行型にはしたくありません。その様なことは簡単にできますでしょうか。

先生からの回答

ご質問ありがとうございます。
5年前に埋没法をされたのですね。もともと奥二重で、それを末広型の二重にしたとのこと。その線が薄くなっていて、元のまぶたに戻りつつあるのでば、埋没が取れてしまっているものと思われます。
バセドウ病を発症すると、まぶたが浮腫んだり、まぶたの脂肪が肥大(増えて大きくなること)してしまったりしますので、そういったことが原因で埋没が取れてしまうということも確かに、考えられることではあります。しかし、目の症状があまりでなかったということなので、自然の経過で5年間の間に徐々に固定が甘くなってきてしまったものと思います。

現在も、バセドウ病の治療をされているとこのことですが、病気が薬で落ち着いているならば施術は可能です。
当院では、持病を持った方でも安全に手術ができる体制を整えていますので、安心してお任せいただければと思います。

埋没法のやり方にもよりますが、腱膜法という方法をした場合は、数回繰り返したからと行って眼球に悪い影響を及ぼすことはないと思います。何回しても大丈夫といえば大丈夫ですが、あまり何回も手術を繰り返すのならば切開法を考えても良いかもしれませんね。何回も手術すること自体が負担ではないでしょうか。
1年に2回以上取れてしまうようなかたには、切開での方法をお勧めすることが多いです。末広型で幅の広い二重も埋没法で可能です。人によって、目の形が違いますので、人それぞれ可能な幅はありますが、その方の最大の幅に設定することは簡単にできます。

ご予約・ご相談contact

お電話でのご予約・ご相談 03-3542-5551
受付時間
10:00~19:00