二重まぶたの切開法をした後でも埋没法の手術はできますか?

二重まぶた・目の整形
埋没法

20代・女性

二重まぶたの切開法をした後でも埋没法の手術はできますか?

10年前くらいに両目を切開法で手術しました。方法としては部分切開という方法だったと思います。今では、うっすらと傷が見えるくらいになっています。

最近、二重も前よりは少し浅くなってきているので、もう一度手術をすることを考えています。ただ、前回手術をしたときに意外と腫れと内出血がでてしまったので、今回はメスで切るような手術はしたくないと思っています。埋没法だとそこまで腫れがでたり内出血したりはありませんよね。ただ、一回、切開をしているので、埋没法でしっかりと二重の線が出来るのかどうか、知りたいです。

また、今はどちらかというと奥二重に近い末広型の二重なので、今度はある程度はばの広い平行型の二重まぶたにしたいです。目頭切開と組み合わせないと平行にはならないと聞いたことがあります。できれば、目頭切開無しで平行型の二重にしていただきたいですが、あまり腫れないのならば目頭切開も検討してもよいかと考えています。

先生からの回答

ご相談ありがとうございます。
切開法をした後の瞼でも、埋没法で二重を形成することは場合によっては可能です。
二重の手術痕が目立っていていたり、傷の部分が強く窪んで食い込んでいる場合はできないことがありますが、傷跡がきれいで、うっすら見えるくらいということであれば、埋没法で問題なく二重まぶたにできますよ。

埋没法は確かに、切開をする手術よりも腫れや内出血は少ないです。
全く腫れないということはありませんが、せいぜい長くても3日くらいの腫れで、その後は手術後1週間くらいむくみが出る程度です。ただ、幅の広い二重を作ったような時は、少し、腫れが長く続くこともあります。内出血はほとんどのケースで出ません。内出血が起こったとしても通常は点がつくくらいでメイクで隠せる範囲です。

目頭切開をしないと平行型にならないかというと、必ずしもそうとも限らず、埋没法だけで平行型が作れるかたも多いです。そのかたの、蒙古襞(もうこひだ)と呼ばれる目頭の皮膚の多い少ないで決まります。あまり、蒙古襞がなくて、目頭のピンクの肉が見えているような方は、まず埋没法だけで平行型になります。蒙古襞があっても、皮膚の薄いかたも簡単に出来るケースが多いです。
実際にブジーという道具を使って、シミュレーションした時に簡単に並行型が作れるケースは埋没法のみで大丈夫です。もし、目頭切開をしないといけないという場合でも、ほとんど目頭は腫れませんのでご安心ください。

ご予約・ご相談contact

お電話でのご予約・ご相談 03-3542-5551
受付時間
10:00~19:00