他院で反応の悪かったタトゥーは、どうやって消したらいいでしょうか?

刺青(タトゥー)除去
レーザー治療

50代・女性


他院で反応の悪かったタトゥーは、どうやって消したらいいでしょうか?

他院で刺青除去のレーザーを計3回やりました。
どれも反応が悪く、消えた色と消えなかった色(不思議なことに、同じタトゥーの同じ黒色でも、部分的に消えていなかったりします)がありました。
これはレーザーの種類を変えたらうまく消せるのでしょうか?

先生からの回答

レーザー治療に反応が悪い場合はレーザーの種類を変更することで消える場合があります。Qスイッチルビーレーザーの場合は黒にしか効果がでませんのでもし黒と青の刺青であれば、青が残ってしまいます。その場合、黒、青、赤、茶色に対応可能なQスイッチヤグレーザーに変更すると反応があります。現在では、いろいろな色に対応可能なピコレーザーなどの機器も出ていますのでレーザー治療を希望の際は、レーザーの変更を試みると良いと思います。当院のレーザーは、Qスイッチヤグレーザーを導入していますので、黒、青、赤、茶色に対応可能です。同じタトゥーの黒色でも部分的に消えていないということですが、その原因は消えていないところだけ深くインクが入ってしまっているという点にあります。当院では、削ってレーザー法という方法も行なっています。特殊な装置で皮膚表面を薄くカンナがけするように削ります。そして、その直後に直接インクにレーザーをあてるという方法です。皮膚を通さずにダイレクトにインクを砕くことができるため、深く入ってしまった刺青も消すことが可能になります。皮膚は薄くはぐだけなので、1週間から2週間で再生します。すりむき傷のような傷になりますが、刺青は消すことが可能です。
銀座マイアミ美容外科の刺青(タトゥー)除去の詳細はこちら