タトゥーと刺青とでは、色素が違いますか?

刺青(タトゥー)除去
植皮術

40代・男性


タトゥーと刺青とでは、色素が違いますか?

大体5cm四方のタトゥーを入れているのですが、除去を考えています。
入れたお店も普通のタトゥーショップだったので、ずっとタトゥーだと思っていたのですが、和彫りを入れている人に、これは刺青だし色も多いから消しにくいだろう、と言われてしまいました。
刺青除去には植皮や切除、レーザーなど色々あるようですが、色素や色の数によって、その消し方も違ってくるのでしょうか?

先生からの回答

タトゥーも刺青も基本的には同じものと考えていただいて結構です。同じ刺青ですが、入れ方によって消えやすい消えづらいがあります。自分で縫い針や安全ピンで墨汁などをいたずら彫りしたケースが一番除去しやすいです。なぜならば、入れるときに加減をするので皮膚の浅い箇所に入っている場合がほとんどだからです。和彫りにせよ洋彫りにせよプロが彫った場合は、自分で入れたものよりも消しにくいです。色素量は多い方が少ないよりも消えづらいです。ですから、線で入れた箇所はボカして入れた箇所よりも消えづらいです。色の種類ですが、レーザーでとる場合は、黒や茶色が除去しやすいです。レーザーの種類と取れる色の関係ですが、ルビーレーザーは黒、ヤグレーザーは黒、茶、青、赤、ピコレーザーは機種によっては全色というものもあります。ただし、レーザーには限界もあり、例え最新機種のレーザーといえども、傷痕なくまっさらな皮膚の状態にするのは非常に難しいです。なので、手術による除去も念頭に置いた治療をすることになります。手術であれば、どのような色のタトゥー、刺青も除去可能です。手術の場合は、刺青が入っている範囲によって、手術の種類が決まってきます。切除の場合、長さは問題ないのですが、幅が10cmくらいまでのものが対象になります。面積が広い場合は、植皮、削皮や削皮してからレーザーを照射する方法が良いです。
銀座マイアミ美容外科の刺青(タトゥー)除去の詳細はこちら