TOP

03-3567-0055

受付時間 10:00-19:00

カウンセリング予約
メール相談
LINE相談

お体の治療

脂肪吸引

チューメセント詳細について

教科書にも載っている昔からある麻酔の方法ですが、脂肪吸引には適していると考えます。
脂肪を吸いたい層に適切に注入すると、除痛できるだけでなく、血管が収縮する成分により、出血が抑えられます。チューメセント液をきちんと注入すれば、硬膜外麻酔などの除痛の方法は必要ありません。そして、痛み刺激が少ないので、静脈麻酔で軽く寝かせるだけで手術中に起きてしまうこともありません。

1.チューメセント詳細

チューメセント法(局所麻酔)をメインとして手術した場合、“筋肉がリラックス(弛緩)しません”。

このことはとても大切なことです。例えば、全身麻酔や硬膜外麻酔などでは、筋肉が緩みます。これらの麻酔でお腹の脂肪吸引をする場合は腹直筋(腹筋)が緩んだ状態で手術をすることになります。そうすると、脂肪吸引の管で筋肉を貫いて内臓を傷つけてしまうといった致命的なミスを起こしやすくなってしまうと私は考えます。局所麻酔で手術をしている限りは、腹直筋が緊張したままですので、筋肉が極端に薄い方でなければ容易に貫くことはできません。

上記のような理由から、銀座マイアミ美容外科では、チューメセント法をメインとして、補助的に静脈麻酔を併用する方法を採用しています。実は、この方法は習熟するのにトレーニングが必要なのは当然ですが、特に手術操作を愛護的(優しく)に行わないと成立しない方法です。何故ならば、真皮や筋膜(筋肉)の除痛が不完全になるからです。

ですから、脂肪層だけを吸引するようにして、皮膚をつついたり筋肉をつついたりしないように注意して手術をしないといけないからです。

手術が乱暴で、筋肉や皮膚に過度な衝撃を加えると痛みを感じてしまうことにつながりますし、静脈麻酔だけでは寝ておくことが出来なくなってしまいます。腕の中で眠っている赤ちゃんを起こさないようにそっとベッドに運ぶくらいの優しさの感覚をもって脂肪吸引をしないといけません。
少し習熟するのに難し方法ですが、一旦習熟してしまうとこれほど脂肪吸引に適している麻酔法はないのでは無いかと思います。

注意点として、チューメセント法の麻酔液には極量というものがあります。つまり、これ以上使用すると副作用がでてしまうという量です。

当院では、1kgあたり35mgまでは安全に使用できるという日本人において検証した論文がありますのでその論文に則り、チューメセント液を使用しています。脂肪吸引をするにあたって全身麻酔が必要と考える例としては、極度の肥満です。
具体的には当院ではBMI(ボディーマスインデックス)が30以上のかたや、睡眠時無呼吸症候群、小顎症のかたには全身麻酔またはそれに準ずる形での気道確保を麻酔科医により行なった上での脂肪吸引をお勧めします。極度の肥満症例にチューメセント法と静脈麻酔で脂肪吸引を行うと窒息するおそれがあるからです。当院では、カウンセリング時に身長や体重、既往歴などをチェックして安全に脂肪吸引の手術が行えるような手術計画を立てております。

CONTACT

お問い合わせ

まずは無料のご相談から。
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談・ご予約はこちら

03-3567-0055

受付時間
10:00 - 19:00

脂肪吸引
その他の診療科目

  • 顔の脂肪吸引

    当院では、小顔になるためのセットメニューをご提案しています。小顔になるには何が必要なのか、よくわからないかたに、これだけしておけば小顔になるという脂肪吸引のセットを作成しました。このセットには、脂肪吸引、エラボトックス、静脈麻酔、手術後に使用するフェイスバンド、薬など必要なものがオールインワンで揃っています。

  • 腰・おしりの脂肪吸引

    腰やお尻も脂肪が溜まりやすい場所ですね。女性の場合は、腰からお尻にかけてのラインが美しいと洋服も綺麗に着こなせますし、おしゃれの幅が広がります。 この部分の脂肪吸引は、洋服のサイズをさげやすいです。お尻や腰にあわせると、足がだぼついたりするようなかたは特にオススメです。

  • 腕の脂肪吸引

    ダイエットを頑張っても中々落ちない腕回りは、脂肪吸引1回で綺麗に痩せます。
    二の腕、肩、腕の付け根を吸うことで後ろからのシルエットが美しく、女性らしくなります。
    ある程度、腕の皮下脂肪が多くて大きな振袖の方でも脂肪吸引をすると皮膚も引き締まりますので、綺麗に整えることが可能です。

  • 背中の脂肪吸引

    背中のシルエットはとても大切。たとえば、体にぴったりした服を着た時に下着のストラップの上下に肉がはみ出ているとラインが綺麗でないばかりか老けた印象になってしまいますよね。背中の皮膚は人間の体の中でも厚い部分ですので脂肪吸引を皮膚の厚さ限界まで攻めても表面に影響が出づらいです。 皮下脂肪を根こそぎ吸引しても大丈夫な、体の中でも珍しい場所です。

  • 太ももの脂肪吸引

    上半身は痩せているのに、下半身にだけ脂肪がついてしまう下半身太り。ダイエットしようと頑張っても、なかなか太もも周りの脂肪がとれませんよね。太ももというのは人間の体の中でも痩せづらい脂肪が集まった場所です。特にお尻の下から太もも外側にかけての場所や、内ももはもっとも痩せづらい脂肪の部位です。

  • ふくらはぎ・足首の脂肪吸引

    ふくらはぎ、足首の太さに悩んでいらっしゃる方も多いかと思います。特に、部活などでバスケットボール、サッカー、バドミントンなど、ふくらはぎを酷使するスポーツをされていた方は、大人になってからふくらはぎの太さに悩むかたが多いように思います。ふくらはぎや足首は、脂肪吸引をすることで細っそりさせることができます。また、同時にボトックス注射を加えることで筋肉自体も痩せさせることができますのでオススメです。

  • お腹・胸の脂肪吸引

    お腹・胸周りは、悩んでいる方が多い部位の一つだと思います。特におへそ周りや下腹部はなかなかダイエットでは落としづらいですし、脂肪がたまりやすい場所ですよね。脂肪溶解注射でなんとかしようとしても痩身エステに通ってもなかなか根気がいりますが、脂肪吸引なら1回で確実に痩せることができます。

TOP

マイアミ美容外科イメージ画像