TOP

03-3567-0055

受付時間 10:00-19:00

カウンセリング予約
メール相談
LINE相談

NEWS & COLUMNS

お知らせ & コラム

アイプチはまぶたが伸びる!たるみ解消法や使用し続けるリスク

一重や奥二重、左右非対称のまぶたをぱっちりとした二重まぶたにする方法はたくさんあります。
整形手術で手に入れる方法もありますが、それよりもお手軽な方法の一つがアイプチです。
アイプチや二重テープなどの二重まぶたにするアイテムは手軽ではありますが、使用を続けることでさまざまなデメリットもあります。
アイプチの使用を続けてまぶたが伸びてしまうと、かえって老けた印象、重たい印象になってしまうかもしれません。
アイプチを続けることのリスクやアイプチでまぶたが伸びてしまったという悩みを解消する方法を紹介します。

アイプチを使用し続けるリスク

二重になってほしいラインに液体を塗り、付属のプッシャーを押し当てるだけで簡単に理想の二重まぶたを作れるアイプチですが、使用を続けることでさまざまなリスクが考えられます。
まぶたの状態や、アイプチで使われている糊の成分との相性によっては、思わぬトラブルに発展することもあるのです。

ここでは、アイプチを使うことで起こりうるリスクを確認しましょう。
現在アイプチの使用を続けている人は、下記のリスクに注意しつつ、まぶたのケアを怠らないようにしてください。

まぶたが伸びる

アイプチは二重のラインに接着剤をつけてまぶたを持ち上げることで強制的に二重を作るアイテムです。
アイプチを使っている間は常にまぶたを引っ張る力が働いています。
まぶたの同じ場所に長期間この力が働くことで、次第に皮膚のハリが失われ、まぶたが伸びてしまいます。

また、アイプチは接着剤なので、簡単には落とせません。
落とす際は擦る必要があるため、こういった摩擦もまぶたが伸びる原因です。

まぶたが伸びると、アイプチをしても思うような二重にならない、二重の線にいくつもシワが入るようになる、二重なのに目が小さく見えてしまうなど、見た目の美しさに悪影響を及ぼします。
それ以外にも、シワやたるみが余計に気になるようになります。

炎症や肥厚(ひこう)化

長期間、アイプチの接着剤による強い刺激をまぶたに与え続けていると、まぶたの炎症や肥厚(ひこう)化を引き起こす恐れがあります。
また、炎症が起きるとまぶたが腫れたり痛みを感じたり、皮がむけたりひどい場合は出血してしまうこともあります。
そのような炎症を繰り返すうちに、刺激から皮膚を守るために皮膚が厚く、硬くなってしまうことを肥厚化といいます。
さらにアイプチの接着剤の成分が肌に合わず、アレルギー性接触性皮膚炎が発症する可能性もあります。

眼瞼下垂になる危険性もある

アイプチの使用による肌トラブルや皮膚のたるみなどが要因で、眼瞼下垂になる危険性もあります。
また、もともと眼瞼下垂の人がアイプチを使った結果、さらに状態が悪くなってしまうことも考えられます。
まばたきによってよく動くまぶたは、人間の皮膚の中でも薄く、デリケートな部位です。アイプチを長期的に使用し続けると、まぶたには相当な負担が蓄積されることを覚えておきましょう。

途中でアイプチが取れてしまう

アイプチは水分や油分、こすれ、化粧品との相性が悪く、長時間過ごす内に取れやすくなってしまいます。
アイプチが取れて一重まぶたに戻ったり、アイプチだけが浮いて違和感のある見た目になってしまうこともあります。
コンプレックスを解消するためにも役立つアイプチのせいで、かえって取れていないか、違和感がないかと人の目が気になってしまうかもしれません。

ドライアイになりやすい

アイプチをしているあいだ、まぶたはずっと上に引っ張られる力がかかっています。
その分目はしっかりと開いて大きく見えますが、空気に触れる面積が大きくなる分目が乾きやすくなります。
まぶたをきちんと閉じられず、まばたきをしても充分に目の表面が潤いません。
さらに目を大きく見せるためにカラーコンタクトなどを使用することでドライアイが進み、目の疲れやかすみにもつながります。

色素沈着する可能性がある

目の周りの皮膚は非常に薄く、デリケートな部分です。何度もアイプチを繰り返していると、色素沈着を引き起こす恐れがあります。まぶたは体調や疲れによって浮腫むことがあるため、うまく二重にできずに何度もやり直すこともあるでしょう。こういった日常的な摩擦が繰り返されることで色素沈着になってしまいます。色素沈着になると、実年齢より老けて見えたり、疲れているように見えたり、アイシャドウをつけてもきれいに発色しなかったりと、多くの弊害に悩まされてしまいます。

まぶたが腫れてしまった際の応急処置

アイプチは連続して使い続けない、肌の状態が良くないときは使用を避けるなどの工夫が必要です。しかし、アイプチで二重を定着させるのは難しいため、1度使うと毎日のように使用してしまうことがほとんどかもしれません。そのため、気付いたらまぶたが赤くなっていた、腫れていたという人もいるでしょう。
ここでは、アイプチを使っていてまぶたが腫れてしまった際の応急処置を紹介します。

炎症を抑える

まぶたへの刺激やアイプチの成分が合わなかったせいで炎症を起こしている場合は、ステロイドなどで炎症を抑えます。ステロイドは皮膚科などで処方してもらえます。
ステロイドを使用すれば早期に炎症を抑え、皮膚が硬くなったり厚くなったりするのを防ぐことが可能です。
また、アイプチを使用し始めて肌トラブルが増えた、まぶたの状態が悪くなったという場合は、皮膚科で相談してみることをおすすめします。

保護、再生を促す

ダメージを受けたまぶたの皮膚を保護し、再生を促します。
使用する代表的な薬は、ワセリンやヒルドイドなどの塗り薬で、やはり皮膚科で処方してもらうことが可能です。
ワセリンやヒルドイドでしっかり保湿をすれば、敏感になっているまぶたへの刺激を最小限に抑えられます。

たるんだまぶたが与える印象

まぶたがたるんでいると普通にしていてもまぶたが下がっているように見えます。
そのため、眠そうに見えたり、不機嫌そうに見えたりします。
たるんだ見た目は老けた印象につながり、若々しさが失われてしまう可能性もあるでしょう。
アイプチは目をぱっちりと大きく見せるためにも役立ちます。しかし、アイプチを使いすぎたことによって、見た目の美しさが損なわれてしまうケースもあるのです。

アイプチでまぶたがたるんでしまった際の対処法

アイプチでたるんだまぶたは自力で元通りにしにくいです。
美容外科で手術を受けることで、まぶたのたるみを取り除き、理想の二重を目指せます。
まぶたのたるみを取る手術の代表例を紹介します。

埋没法

埋没法は二重手術の中でも比較的簡単な方法です。
たるみがそれほど気にならず、まぶたの厚みが少ない人に向いています。
糸でまぶたを留め、理想の二重のラインを作る手術で、皮膚を切ったり縫ったりしません。そのため、失敗しても糸を抜けば元に戻せます。大体2ヶ月以内に糸をとれば癖がつきづらく戻しやすいと言われています。
一方で、糸が取れると元のまぶたに戻ってしまう点はデメリットです。20年くらい効果が持続しているかたもいらっしゃいますが、耐用年数は5年から長くて10年くらいではないでしょうか。

二重まぶた切開法

まぶたが厚く、たるみが深刻な場合には二重まぶた切開法が適しています。
皮膚を切除した上で理想の二重まぶたを作るので、半永久的に元に戻ることはありません。
気になるたるみを除去できるため、若々しい印象の二重まぶたに近ずくでしょう。
ただし、埋没法よりも費用が高額になるうえ、ダウンタイムも長引きます。

挙筋短縮術

まぶたの開閉に必要な筋肉が伸びていたり力が弱かったりすると、二重手術をしても眠そうな印象になってしまいます。
挙筋短縮術ではまぶたの筋肉を一度剥がし短縮する手術です。
挙筋短縮術をおこなうことで、よりぱっちりとした二重まぶたを目指せます。
まぶたの筋肉を短縮する必要があるかどうかは、美容外科の専門医に診てもらいましょう。

アイプチで生じたまぶたのたるみに悩んだら美容外科へ

アイプチを使用し続けることでかえってまぶたが伸びてしまい、眠そうに見えたり老けて見えたり、さらに目つきが悪くなってしまったりする可能性もあります。
まぶたのたるみを解消する方法として、上記で紹介したような美容整形手術を選ぶ人も少なくありません。
美容外科ではまぶたのたるみや一重まぶた、奥二重など、目元の悩みを解消する手術がたくさん用意されています。
まぶたのたるみを取りたい、アイプチいらずの二重まぶたになりたいといった悩みだけでなく、目を大きくしたり目以外の顔のパーツを理想の形に整えることも可能です。
一度伸びてしまったまぶたを自力で元通りにすることは難しいため、悩みを解消するために美容外科へ相談してみましょう。
美容外科は自由診療のため、手術にかかる費用や手術方法などはクリニックによって大きく違います。
複数のクリニックを調べて受診し、自分の悩みを解消してくれる、信頼できる美容外科を見つけるのも良いかと思います。銀座マイアミ美容外科では、目の手術は顕微鏡と炭酸ガスレーザーを用いて行うことができます。顕微鏡を使用して手術をすると、裸眼や拡大鏡では見えない細かな解剖構造をきちんと確認して正確な処置をすることができます。また、レーザーメスを使用することで、出血を極力抑えて手術可能なのでより腫れや内出血を少なくすることができます。

まとめ

アイプチは、一重から二重にしたい、今より幅の広い二重にしたい、まぶたが腫れてしまったなどの際に手軽に理想のまぶたを作れるアイテムです。
しかし、長期間使用し続けると、まぶたに大きなダメージを与えてしまうかもしれません。
毎朝のメイクに余計な時間がかかり、アイプチが取れていないか、人から気付かれないか、指摘されないかという不安もあります。
まぶたへの負担が気になる、メイク時間を短くしたい、もっと自分に自信を持ちたいという人は、美容外科に相談してみましょう。
二重まぶたにする手術やたるんでしまったまぶたをきれいにする手術などを提案してくれます。
さまざまな方法から、自分の悩みにもっとも適した方法を考えてみましょう。

CONTACT

お問い合わせ

まずは無料のご相談から。
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談・ご予約はこちら

03-3567-0055

受付時間
10:00 - 19:00

OTHER
NEWS & COLUMNS

その他のお知らせ & コラム

すべて

お知らせ

コラム

TOP

マイアミ美容外科イメージ画像