目周りの若返り手術、全切開+挙筋短縮+まぶたのたるみ取り

まぶたの手術

みなさんこんにちは
しばらく目のシリーズが続きます。
いつも応援ありがとうございます。
今日も最後に応援ボタン押してくださいねー
5723194.gif

目は口ほどにモノを言うといいますが
目って、顔全体の印象にとっても大事なのです!

こちらのモニターのかたは、目元だけしかお見せできませんが
まずは、ご覧ください。

65.png

上が手術前、下が手術後8ヶ月です。
手術する前は、目が半開きです。
いわゆる眼瞼下垂の状態。マックスあけてもこのような感じ。

このかたにたいして、全切開、挙筋短縮、まぶたのたるみ取り(皮膚)
の手術をしました。

手術後8ヶ月の状態では目も開くようになって見えやすくなると同時に
眉の下の窪みも解消。余分な皮の余りも無くなっています。

私は、”年齢相応の若々しさ”というのを大事にしています。
なんだか矛盾があるような言葉ですが
年相応に若々しくするのって大事なことですよ。

例えば、想像してみても
”年齢が80歳、顔にはシワが刻まれて皮膚のたるみもある状態。でも目だけは手術して30歳”
って明らかに不自然ですよね。バランス的に。

例えば、60代だったら、目元だけ整形するならば50代くらいの
設定にしないとおかしなことになるわけです。
もちろん、他の場所もアンチエイジングの施術をするならば別ですが。

全体的なバランスを見ながら最適なメニューを提案するというのも
結構センスが問われることなのです。

では、今日はこの辺で
7097024.gif

ポチッとおねがいしますねー
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

価格60万円(税抜き)
(二重切開法+挙筋短縮45万円、皮膚切除10万円、局所麻酔5万円)

合併症
腫れ、浮腫み、内出血、痛みが1から2週間
しばらく、ドライアイになることもあります。
その場合は、点眼薬を使用します。