視界が広がり若返る、まぶたの手術!挙筋短縮とたるみ取り

まぶたの手術

みなさんこんにちは5723194.gif

今日も、昨日に引き続き、目元の若返りの話です。

年齢とともに、皮もたるんでくるし、まぶたを開ける筋肉の
力も衰えてきます。
具体的な状態としては、
1.筋肉が痩せてしまうパターン
2.脂肪に変わってしまうパターン
3.筋肉の膜が薄くなってしまうパターン
4.筋肉が正しい箇所から外れてしまうパターン
に分類されます。

いずれの手術も挙筋短縮という操作を加えることで
症状が改善します。

こちらのかたには、全切開+挙筋短縮+まぶたのたるみ取り(皮)
を施術しました。
556.png

上が手術前で、下が手術後8ヶ月です。
目が綺麗に開くだけでだいぶ印象が変わりますね。32924283.jpg
丸山得意の”年齢相応のバランス良い若返り”に仕上げております。

挙筋短縮ですが、私はミュラー筋と上眼瞼挙筋腱膜を
一緒に短縮する方法を好んで行なっています。
この方法だと、どのような薄い筋肉の人でも
バッチリ目を開けることができます。

いずれまた、挙筋短縮に関しては詳しく解説しますねー

とにかく、うわまぶたが開けやすくなると視界が広がりますし
若返りますし、いいことだらけです!

それでは今日はこの辺で
ポチっと応援もお願いしますね!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

価格60万円(税抜き)
(二重切開法+挙筋短縮45万円、皮膚切除10万円、局所麻酔5万円)

合併症
腫れ、浮腫み、内出血、痛みが1から2週間
しばらく、ドライアイになることもあります。
その場合は、点眼薬を使用します。