脂肪吸引の手術後1週間の真実を見せます!太もも周り(外後内)

脂肪吸引

みなさんこんにちは、いつも応援ありがとうございます。
本日もランキング参加中につき
ブログを読んでくださったら最後にポチッとボタンを
押してやってください。( ´ ▽ ` )

今日のブログは、脂肪吸引をして1週間経過すると
どんな感じかというブログです。

手術して、早期は、腫れたり内出血したり
ということが多かれ少なかれ起こります。

でも、具体的にどのくらい腫れるんだろうなーとか
知りたいですよね。(^_^;)
内出血って言うけども、どんなだろうかとか。

このかたには、太ももの外側、後面、内側の
脂肪吸引をしました。

こちらが、手術前と手術後1週間の写真です。
20170613.png

向かって、左が手術前で右が手術後1週間です。
まだむくみがありますが、すでに手術前よりも
細くなっているのがわかります。
左の太ももの裏には、内出血がまだ残っています。

だいたい、手術後1週間はこのような感じです。
内出血は手術後10日くらいで無くなってくるのが一般的です。

腫れ、痛み、内出血があって不自由な期間
これをダウンタイムと言います!

我々医師は、このダウンタイムを短くする工夫を
してゆかなくてはならないわけです。

一般的に、本格的な手術をすれば、プチ整形よりも
ダウンタイムは長くなる傾向にあります。
そして、治療効果は本格的な手術の方がプチよりも
高いということも言えます。

ですが、私の目指すべきところは
”短いダウンタイムで最高の効果”ですので

脂肪吸引でも色々な工夫をしています。
また、徐々にご紹介させていただこうかなーと思います。

今日は、この辺で!d( ̄  ̄)
明日は、このかたの1ヶ月後です!
それでは、ポチッとお願いしますねー
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

価格
85万円(税抜き)
合併症
腫れ、むくみ、内出血、痛みが1から2週間程度。
その後、脂肪吸引部位に突っ張り感が1から3ヶ月。
突っ張り感がある時期は引き締まります。
その後、細さはそのままで皮膚が柔らかくなってきます。