顎先を自然な感じで小さく、少し尖った感じに形成。中抜きオトガイ形成3ヶ月後

下あご、上あごの手術

輪郭をしっかり変えるなら
骨切りをするという方法も
あります。

私は、骨切りをしても
自然な感じにする
ということに
気をつけています。

この方は、すこし長くて
大きな顎を気にされていて
施術後は、自然に短く
顎先は小さくを希望されました。

向かって左が手術前
すこし顎が長くて大きいです。
先端も丸いです。
向かって右が手術後3ヶ月
顎を短く、先端を少しとがらせて
いますが
自然な仕上がりですよね。

この方には、中抜きとオトガイ形成を
静脈麻酔で行いました。
最初にブロック注射をするんですけど
その注射の時だけ眠って
注射が終わったら起きます。
手術中は骨を切っている感覚が
ありますが、、
主に脳みそに振動が伝わる感じです。

ブロック注射で顎は痺れているので
痛くは無いです。
たまに痛い部分があるときは
注射を追加して手術します。

完全に無意識で無痛を望まれる
場合は全身麻酔をお勧めしますが
局所麻酔だけ、または静脈麻酔と
局所麻酔でも、この手術は可能です。

このかたに関しては
11時11分局所麻酔開始
11時20分手術開始
11時35分骨切り完了し
ワイヤー固定開始
11時57分、創の縫合開始
12時06分、手術終了
という具合でしたので
15分ほど、骨を切る振動に
耐えていただければ
局所麻酔でも手術可能です。

親知らずを局所麻酔で抜いたことが
あるひとならまず大丈夫でしょう!

局所麻酔で骨切り手術するには
自分で言うのもなんですが
手術と麻酔の手際の良さが肝心です。

さささっと骨切りをして
さささっと固定をして
手術を短時間で終える。
そうしないと、
患者さん
しんどいですもんね。

短時間で終わる方が
手術後の腫れも少なく
楽です。

ぽちっと応援お願いいたします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村