目の開きを左右揃える、まぶた全切開と挙筋短縮

まぶたの手術

みなさんこんにちは
一言で眼瞼下垂といっても
色々ありまして

まぶたを開ける筋肉の力が
弱い場合もあれば
皮膚がたるんでいるだけ
という場合も
その両方ということもあります。

まずは、どのような原因で
眼瞼下垂が起こっているのか
ということを診断することが
大切になってきます。

このかたは、左まぶたを
開ける筋肉の力が
生まれつき弱いようでした。
中には、筋肉が無いというかたも
いらっしゃいます。

上が手術前です。
左の目の開きが弱いです。
左だけ手術すると左だけくっきり
するので、右もした方がよいことを
まず説明しましたが、患者さんの
ご希望により左だけ手術しました。

下が手術後1年です。
黒目の見え方は同じくらいに
そろいました。
見た目の点で気にならないとの
ことで、右はそのままにして
いますが
今後ご希望があれば
右も手術をしてもう少し
揃えたらいいかなと思っています。

このようなかたの手術には
結構技術がいるのですが
たぶん同業者しか
分かってくれないと思います

ということで
ポチッと応援お願いしますね。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

価格50万円(二重切開法+挙筋短縮45万円、局所麻酔5万円)

合併症
腫れ、浮腫み、内出血、痛みが1から2週間
しばらく、ドライアイになることもあります。
その場合は、点眼薬を使用します。