受け口治療の下顎セットバック、中抜き、オトガイ形成2ヶ月後経過

下あご、上あごの手術

受け口や顎の長さは手術で
改善できます。

反対咬合の場合は
前から数えて4番目の歯を抜いて
セットバックという手術をすると
下の歯が上の前歯の裏に入るので
唇ごと下がります。

手術前が向かって左です。
向かって右が手術後2ヶ月の状態です。
飛び出ていた下唇がさがり
顎も短くEラインが整っています。
この方には、下顎セットバック
中抜き、オトガイ形成をさせていただきました。

手術室に入ってから手術室を出るまで
1時間くらいです。
素早く確実に手術をすることで
腫れずらくなります。

受け口や反対咬合
長い顎や、しゃくれた顎
顎がない場合でも
骨切り手術で綺麗に治すことが
できますので
ぜひお悩みをお聞かせください。

ポチッと応援おねがいしますね。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

価格
下顎セットバック+中抜き+オトガイ形成160万円(税抜き)
全身麻酔25万円(税抜き)

合併症
腫れ、むくみ、内出血が1から2週間程度
痛みは1週間程度ありますので内服の痛み止めを
処方します。
下唇や下アゴの痺れや感覚の異常が1ヶ月
から3ヶ月ほど出ることがあります。