下顎のセットバック、中抜き、オトガイ形成手術後半年の経過

下あご、上あごの手術

今日は、セットバックと顎の中抜きオトガイ形成をして
半年経過したかたをご紹介します。

手術前には下顎がまえに出ていて
反対咬合
顎も長めの状態ですが
手術後半年
イーラインも整い
コンパクトな下顎になっています。

手術後半年経過して
特に問題なく治癒しているので
卒業となりました。

手術させていただいた患者さんが
良く治って通院を終了をするときは
嬉しくもあり寂しくもあり
複雑な心境です。

それでも、そのかたにとっては
もう美容外科が必要なくなるわけなので
喜ばしいことなんでしょうね。

なにか、美容面やアンチエイジングの
ことなどで
また気になることがあれば
相談に来ていただきたいです。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

価格 185万円(税抜き)
(下顎骨切り、中抜き、頤形成
全身麻酔)

合併症 腫れむくみ内出血が1週間程度
    痛みは内服の痛み止めでコントロール可能
    下顎の痺れが1から3ヶ月出ることがあります。
    稀に感染することがあり、その場合は抗生剤で治療します。