下垂気味でしぼんだ乳房も、ばれない豊胸で改善できます。

豊胸

ばれない豊胸というネーミングですが、ほかに言いやすい名前がみあたらなかったのでそうつけました。内容としては、1回につき200mlくらいまでの脂肪注入をすることで、シコリ予防と定着率増加をはかる脂肪豊胸となります。1回の手術時間は30分くらいです。何回も、期間をあけて繰り返す方もいらっしゃいます。だんだんと胸を育てていくような感じですね。

このような乳房の下垂があるかたでも、脂肪を入れていくとだんだん胸が持ち上がってきます。授乳後の皮膚の伸びが良いかたは特に膨らみやすいです。
当院では、脂肪をいろいろな層に分散させて入れることで定着を良くし、しこりの予防をしています。入れる箇所は、皮下、大胸筋内、大胸筋下、乳腺下、前鋸筋上の5層に分けて細かく丁寧に脂肪注入をします。このかたのように、デコルテが薄くて、下垂ぎみのかたは、胸の上部の皮下、大胸筋内にしっかりと入れて盛ることが重要と考えています。
バストアップのために大胸筋を鍛えるかたがいらっしゃると思いますが、脂肪注入をしてしまえば大胸筋の盛り上がりができるので筋トレをしたのと同じような効果がでることになります。赤身の肉にサシを入れるような感じで筋肉繊維間に脂肪を入れ込んでいきます。
皮下も実は浅い皮下と深い皮下に別れていて、それぞれの層に50mlずつくらい入れることも可能です。患者さんにあわせて注入していくことになりますが、皮下に50mlから75ml、乳腺下25ml、大胸筋内50ml、大胸筋下25ml、前鋸筋上25mlくらい入れることが多いです。どのようなかたでも、最低でも片胸に150mlは注入可能です。その後は、皮膚の伸びをみながら無理のない範囲で調整をしてゆきます。1回で300mlなどのたくさんの脂肪を一気にいれる豊胸にくらべると、シコリの形成も低いですし定着率も良いです。さらに、定着率をあげる豊胸を希望の場合は、当院の場合は、ばれない豊胸にコンデンスリッチ豊胸を追加したりPRPを追加したりしています。より良い脂肪豊胸を今後も目指してゆきます。

ぽちっと応援もお願いしますね。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

ばれない豊胸
定価 30万円(税抜き、静脈麻酔、脂肪吸引代込み)
合併症 はれ、むくみ、内出血、痛みのダウンタイムが1から2週間全員に起こります。痛みは3から4日は痛み止めを飲んで生活。1週間くらいすると押さえると痛い程度になります。内出血は平均2週間くらいで目立たなくなります。脂肪をいただいた箇所は1から3ヶ月ツッパリ感がでます。ツッパリ感が出ても動かして大丈夫です。ごく稀に感染やシコリがでますが、そのような際は責任を持って当院で治療します。仕上がりには個人差があるので、手術を受けた人全員がこの写真の様な変化をするわけではありませんのでご注意下さい。カウンセリングにて、診察させていただいた上でその方一人一人の状態をふまえて、アドバイスさせていただきたいと思います。