下垂している場合の豊胸

小野寺先生ブログ

こんにちは😊

本日は下垂している場合の豊胸についてです。

もともと乳房が大きかったり、授乳後の影響で乳房が下垂することがあります。

ばれない豊胸は下垂した乳房を持ち上げる手術ではないので下垂の程度は変わりません。程度の強い下垂は乳房つり上げ術の適応になります。

乳房つり上げ術は下垂は改善するものの、胸に大きな傷跡ができるのでなかなか踏み切れない方が多いです😂

そんな場合、脂肪注入豊胸によって見た目の下垂感をある程度改善することができます。(重度の下垂は難しいです。)

下の写真は乳房の左右差、下垂に悩まれていた方です。

2回脂肪注入をして下垂感がだいぶなくなりました。

左はもともと下垂の程度が強いのですが、術前よりだいぶ良くなったと思います。

ここで注意してほしいのは、乳房自体の位置は変わっておらず、あくまで見た感じの印象が改善したということです😊脂肪注入であれば傷も数ミリくらいなのでほとんど目立たなくなりますのでおすすめです。

 

ばれない豊胸
定価 30万円(税抜き、静脈麻酔、脂肪吸引代込み)
合併症 はれ、むくみ、内出血、痛みのダウンタイムが1から2週間全員に起こります。痛みは3から4日は痛み止めを飲んで生活。1週間くらいすると押さえると痛い程度になります。内出血は平均2週間くらいで目立たなくなります。脂肪をいただいた箇所は1から3ヶ月ツッパリ感がでます。ツッパリ感が出ても動かして大丈夫です。ごく稀に感染やシコリがでますが、そのような際は責任を持って当院で治療します。仕上がりには個人差があるので、手術を受けた人全員がこの写真の様な変化をするわけではありませんのでご注意下さい。カウンセリングにて、診察させていただいた上でその方一人一人の状態をふまえて、アドバイスさせていただきたいと思います。