下あごセットバックと中抜きオトガイ形成で上品な印象の口元になる

下あご、上あごの手術

下あごが反対咬合や切端咬合(せったんこうごう)であるよりも、普通の噛み合わせに治したほうがなんとなく上品な印象になります。
この方には、セットバック(下あご骨きり)と中抜きとオトガイ形成をしました。

向かって右が手術後4ヶ月です。下唇はセットバックによって下がっています。顎先も短くなって全体的にコンパクトになっていますね。

ここからは、私のこだわりを話させてください。

反対咬合や切端咬合を治す時の盲点として、歯科治療では治らない場合があるということです。つまり、歯列矯正やセラミック治療をしたからといって、治らない場合があります。では、どのようなケースが、歯科治療ではなくて、骨きり手術(セットバック手術)をしないと治らないのでしょうか。これは、とても単純なのですが、下あごが骨ごと前に出ている場合は、歯科矯正治療ではどうしても治すことができません。つまり、歯槽骨という”歯を支えている骨”が前に出ていると、歯科治療では治らないのです。なんでかというと、歯は歯槽骨を超えて進むことが出来ないからです。つまり、土台の骨ごと動かさないと無理ということです。この単純な原則を理解していない医師が治療をすると、”歯列矯正したけども反対咬合が治らなかった”、”切端咬合くらいまでしかならなかった”という残念な結果になってしまうのです。
歯槽骨が出ているような場合は、まず骨きり手術(セットバック)をすべきです。そのあと、細かな歯並びが気になる場合は歯列矯正やセラミックで治療すれば良いのです。当院ではセットバックをする際に歯並びにも充分留意して治療をしますので、その後歯科治療がいらないケースもあります。
また、顎先が長い場合、しゃくれが強い場合も歯列矯正ではなにも改善しません。もう一つ、そのような場合はSSRO(下顎角部での矢状骨きり)をしても治りません。実は、中抜きやオトガイ形成をしないと治らないと思った方が正しいです。
そもそも、ルフォーの骨きりや、それに伴って行う下あごのSSROの手術は咬合(噛み合わせ)を治す手術です。顎先の骨をダイレクトに移動させる手術ではありません。それを誤解している人たち(医師ですら誤解をしているかたがおられます)が、SSROをしたけれども、顎の長いのが全然治らないといって、当院を訪れます。ほとんど全ての前歯部の咬合不全(反対咬合、切端咬合、出っ歯)は前歯部分節骨切り術(セットバック手術)で治りますし、それに加えて中抜きやオトガイ形成をすることで整容的改善がきちんと得られます。最後にもう一つ付け加えると、ルフォーとSSROの手術は、口唇口蓋裂などの病気で上顎の成長が悪く、下あごが出て反対咬合になってしまったかたに第一適応となり、美容目的でするならばむしろケーレやワシュムンドといった前歯だけの骨切りをすることで充分であると考えています。その方がリスクが少ないですし、手術後も楽ですよ。

ポチッと応援もおねがいいたしますね。

定価185万円(下顎骨切り、中抜き、オトガイ形成、全身麻酔)税抜き価格です。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村
合併症
はれ、むくみ、内出血、痛みのダウンタイムが1から2週間全員に起こります。痛みは3から4日は痛み止めを飲んで生活。1週間くらいすると押さえると痛い程度になります。内出血は平均2週間くらいで目立たなくなります。顎先や下唇の痺れが出ることがあります。多くは通常1ヶ月以内に改善します。稀に感染がありますが、そのような際は責任を持って当院で治療します。仕上がりには個人差があるので、手術を受けた人全員がこの写真の様な変化をするわけではありませんのでご注意下さい。カウンセリングにて、診察させていただいた上でその方一人一人の状態をふまえて、アドバイスさせていただきたいと思います。