プラズマシャワーで美肌治療

若返り

2017年の年末のこと
開業から半年、リピーターのかたも増えてきて
痛くなくて、どちらかというと気持ち良い施術を
探していました。

そこで、出会ったのがプラズマ治療器である
プラズマシャワーです。

当院では、プラズマBTというプラズマシャワーを
導入しています。
なぜ、この機械にしたかというと、まず自分が試してみて気持ちよかったということです。ピリピリとした感じはありますが痛くないですし、温かさを感じられたということです。プラズマが発生する関係で皮膚表面でオゾンが発生するためオゾン特有の匂いがします。コンパクトであるというのも大変魅力的でした。後に説明しますが、ドラッグデリバリーシステムとしての優秀さや治療汎用性の高さも導入の理由となりました。

プラズマとは

プラズマというと、真っ先に思いつくのはオーロラとか核融合といった現象ですが、プラズマシャワーでは大気圧プラズマというものを皮膚表面で発生させます。プラズマは発生してから皮膚表面、皮膚深層に到達するにつれて次第に減弱してゆきます。それぞれの段階で、皮膚に様々な作用を及ぼします。

皮膚表面では、細菌の細胞膜に作用して殺菌します。また、イオンの力で古くなった角質を除去したり表面の汚れを落としてクスミを改善します。これをスパッタリング効果と呼びます。表皮では、表皮の細胞のくっつきを解いて、薬剤が細胞と細胞の隙間から染み渡りやすくします。真皮では、細胞の新陳代謝をましたりコラーゲンの産生を促して若返りにつながります。

殺菌作用について

プラズマが発生するときに、ラジカルというものが発生すると同時にオゾンが発生します。皆さんはオゾンという名前を聞いたことがあると思います。地球のオゾン層を構成している物質で、医療の現場では殺菌装置、空気清浄機、殺菌水として使用されています。オゾンは、たんぱく質と反応することでそのタンパク質の構造を破壊する性質があります。また、その濃度によって正常の人間の細胞にはダメージを与えずに、細菌やウイルスだけを破壊することも可能になります。

つまり、この殺菌の力でニキビ治療にも応用されています。

アクネ桿菌を培養した寒天培地にプラズマシャワーを作用させて、その後の最近の繁殖の具合をみた実験もあります。
プラズマを作用させたところでは、殺菌作用によりアクネ桿菌の発育がみられません。ニキビ治療は、内服薬や外用薬に加えてプラズマシャワーを使用する必要がありますが、治療のツールの一つとして当院ではとても活躍しています。


プラズマシャワーニキビ用、こちらは、保険適応外の自費診療です。1回30000円(税抜き)、副作用とリスク 施術中にピリピリとした感じを受けます。その他には特に副作用やリスクは生じません。

美肌治療に関して
プラズマシャワーの魅力は、治療の汎用性が高いということです。つまり、美肌治療では薬剤を効率よく皮膚に染み込ませることが大切になってきます。皮膚に薬剤が浸透しづらい原因としては、表皮のバリア機能があげられます。プラズマを皮膚に作用させることで、表皮の細胞同士の結びつきが一時的に離れるので、細胞の隙間から薬剤が浸透しやすくなります。当院では、プラズマシャワーをした後に様々な薬剤を導入することが可能です。

脂肪由来幹細胞の培養上澄み液や骨髄由来幹細胞の培養上澄み液を凍結乾燥させたものを用いてシワ、クスミ、ハリ対策などのアンチエイジング治療が可能です。
こちらをご覧いただくと、プラズマシャワーのドラッグデリバリーシステムとしての有用性がわかるかと思います。
プラズマシャワーをすることで、表皮の細胞間接着因子(CAM)が切断されて30分間ほど細胞同士の間があきます。このタイミングを逃さないように、薬剤を塗布しパックします。そうすると、薬剤が浸透してゆきます。

プラズマシャワーを作用させたところでは、薬剤の浸透が良いのがわかります。

私の腕でも実験してみました。向かって右がプラズマシャワーをしたところですが、向かって左側に比べて早く薬剤が浸透しました。

さらに、韓国皮膚臨床科学会提供の超音波像では、プラズマシャワーをした後では、真皮の線維芽細胞、コラーゲンの増加が認められています。向かって左の超音波画像では、黒く抜けている部分が多いですが、向かって右のプラズマシャワー後では緑の部分が増していますね。プラズマの作用により、細胞が活性されてコラーゲン産生が高まっているものと思われます。向かって左の図は、スパッタリング効果を示したもので、活性がない細胞やゴミが、イオンに弾き飛ばされる効果でくすみが解消すると言われています。

このように、プラズマシャワーを当院では、マイクロボトックス治療、皮膚のアンチエイジング治療、ニキビ治療の目的で行っております。月に1回くらいのペースで継続するとよりよい効果が得られるものと思います。

久々のブログ更新につき、ポチッと応援をお願いしますね。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

定価(保険診療外の自費診療です)

プラズマシャワー(プラズマ導入)
*顔、首、デコルテ、手の甲から1カ所につき

アンチエイジング
50,000円
導入薬剤 AAPE

美肌
30,000円
導入薬剤 Ginseng Stem Vesicle

美白
30,000円
導入薬剤 トラネキサム酸、VC

ニキビ治療
30,000円
導入薬剤 チョコラ、VC

プラズマボトックス
35,000円
導入薬剤 レジノックス

プラズマシャワー(追加)
導入薬剤は追加も可能です
プラセンタ追加(美肌)
1,000円
ビタミンC追加(美白)
1,000円
トラネキサム酸追加(美白)
1,000円
チョコラ追加(肌荒れニキビ)
1,000円
ボトックス追加(小じわ対策)
5,000円
高麗人参パック追加 
2,000円
ハンドマッサージ(20分)
1,500円
ヘッドマッサージ(15分)
1,000円

以上税抜き価格です。副作用やリスクですが、施術しているときに少しピリピリするような感じがあるくらいでその他の副作用やリスクは特にありません。