まぶたの手術、挙筋短縮術で”おでこのシワ”の予防ができる!

まぶたの手術

みなさんこんにちは
今日もまぶたのブログです。

うわまぶたを二重にする手術には、いくつか方法があります。
今回は切開法で二重形成をしたかたのお話。

まえにも少し触れましたが
眼瞼下垂という症状がある場合
普通に手術をしたのでは、ふたえになりません。

なんで二重まぶたになるかってご存知ですか?
実は、まぶたを開けるには2つの筋肉が働きます。
ミュラー筋と上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)です。

この二つの筋肉が縮むとまぶたが上に上がります。
この時に、二重の線のところで
二つの筋肉からのスジがグッと皮膚を引き込んで折り目を
つけるのです。

眼瞼下垂があるかたは
ミュラー筋や上眼瞼挙筋のちからが弱いために
二重の線のところで、ぐっと皮膚を引き込めないため
二重にならないのです。

なので、挙筋短縮術という手術をして
筋肉が上手にまぶたを上げられるように
しなくてはなりません。

このかたには
全切開+挙筋短縮+まぶたのたるみとり
をしました。

上の手術前の写真では、眉毛がかなり上に
上がっています。目を開ける筋肉の力が弱いので
眉毛を上に上げる力(前頭筋のちから)
を使用して目を開けようとしているのです。

眉毛を上にあげて物を見る癖があると
ひたいの横ジワの原因になります。
挙筋短縮をすると、眉毛を上げる癖が
なくなりますので、おでこのシワの
予防になりますよ!

このかたは、手術後では眉毛を上げなくても
目が開くようになりました。
また、並行型の二重に形成されています。

ポチッと応援お願いしますね。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

価格50万円(税抜き)
(二重切開法+挙筋短縮45万円、局所麻酔5万円)

合併症
腫れ、浮腫み、内出血、痛みが1から2週間
しばらく、ドライアイになることもあります。
その場合は、点眼薬を使用します。