初体験で処女膜に痛みや出血が起きる原因を詳しく解決

初体験はとにかく痛い、と感じる女性は少なくありませんが、その理由のひとつとしてよく挙げられるのが「処女膜が破けるから」です。今回は初体験で痛みを感じる理由をご説明し、さらに処女膜についての疑問を解決していきます。

コラム
  1. 目次
  2. *初体験時に痛みを感じるのは処女膜が破けるから?
  3. *処女膜は処女であることの証明のために存在しているの?
  4. *処女膜は初体験前に破れてしまうこともある
  5. *パートナーに処女だと思われたい場合はどうすればいい?
  6. *銀座マイアミ美容外科なら2種類の処女膜再生施術が可能
  7. *まとめ

初体験時に痛みを感じるのは処女膜が破けるから?

初体験時には処女膜部分に痛みを感じる女性が多いですが、その理由は処女膜が破けるから、というだけではありません。

もちろん、処女膜が裂ける処女膜裂傷など、本当に処女膜が破れたことに起因する痛みや出血もありますが、そもそも初体験の際は、じゅうぶんに膣が潤っていないというケースが多いため、その潤い不足によって痛みや出血がともなうことも少なくありません。

ちなみに処女膜は、膜といっても完全に膣を覆っているような膜ではなく、むしろヒダ状のもので、タンポンなどが問題なく通る程度の穴は最初から開いています。

しかも思春期に達すると処女膜のヒダが弾性を持つ傾向があるため、初体験をしても処女膜が裂けたりすることなく、出血も見られないというケースは少なくありません。

処女膜は処女であることの証明のために存在しているの?

処女膜は名前が名前だけに、処女であることを証明するために存在している膜だと考えている人が少なくありません。前述のとおり、初体験をしても処女膜にじゅうぶんな弾性があってほとんど裂けたりすることなく、出血も見られないというケースも少なくないため、処女膜=処女の証明、というわけではありません。

少し乱暴な言い方をすると、処女膜はあくまで女性の外性器の一部分として存在しているヒダ、それだけの存在にすぎないのです。

処女膜は初体験前に破れてしまうこともある


初体験をしても処女膜がほとんど裂けず出血しない人もいる、という話を先ほどしましたが、その逆に、初体験もしていないのに処女膜が破れてしまうというケースもあります。

処女膜のヒダが裂けやすい、破れやすいかそうでないかは、人によってかなりの個人差があり、初体験をしていなくとも激しい運動などによって破れてしまうこともあります。

このような事実を考えると、本来は初体験時に処女膜が破れるかどうか、ということを考えること自体がナンセンスです。しかし、実際には今でも根強い「処女信仰」を持っている男性もいます。彼女となる女性の処女膜の有無=性経験の有無を気にする、というのもこれまた事実なのです。

そうした処女信仰が強い男性をパートナーとした女性は、そのパートナーに自分を処女だと思ってもらいたい、と考えることも少なくありません。

パートナーに処女だと思われたい場合はどうすればいい?

今も処女信仰を持っている男性が存在しているからこそ、「自分は処女ではないけれども、パートナーである男性に処女だと思ってもらいたい」と考える女性も少なくありません。

そんな場合、自力で処女膜をどうこうするというのは不可能ですから、これはプロの手を借りるしかありません。

それが、美容外科での処女膜再生です。

美容外科での処女膜再生は簡単にいえば、処女膜の状態を挿入する際に出血するように作りあげる、という形成手術です。処女膜が破れる=出血する、というイメージそのままを実現できるので、この施術をしてもらえば、パートナーに処女であると思ってもらうことができます。

銀座マイアミ美容外科なら2種類の処女膜再生施術が可能


処女膜再生の施術を取り扱っている美容外科は数多くありますが、どんな美容外科を選ぶか、そのおもなポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

○女性医師に診察・治療してもらうことが可能であること
○形成外科の専門医による施術にこだわっていること
○施術方法が1種類だけでないこと
○痛みへの不安に配慮してくれること

銀座マイアミ美容外科は、女性医師を希望することが可能・婦人科形成施術は形成外科の専門医が担当・処女膜再生は2種類の施術方法を用意・無痛静脈麻酔による無痛施術、という形で上記のポイントをすべてクリアしています。

大事な部分だからこそ安心感・信頼感を持てるところで施術を受けたいと考えるのであれば、ぜひその候補先として銀座マイアミ美容外科を検討してみましょう。

まとめ

初体験時の痛みや出血の原因は処女膜が裂ける、破ける、というだけでなく、膣に潤いが足りないという原因による痛みや出血のケースも多いです。

そもそも処女膜の状態には個人差があるため、初体験時にも出血がほとんどない、初体験前にもう破れてしまっているというケースも少なくないのですが、処女=処女膜からの出血、というイメージに今もこだわっている男性が少なからずいるのも事実です。

そうした男性をパートナーに持つ女性は、美容外科による処女膜再生を検討してみるといいでしょう。