TOP

03-3567-0055

受付時間 10:00-19:00

カウンセリング予約
メール相談
LINE相談

NEWS & COLUMNS

お知らせ & コラム

たらこ唇の治し方は?原因や自力で治す方法も紹介

たらこ唇の治し方は?原因や自力で治す方法も紹介

ふっくらとしてボリュームがあり、女性的でセクシーな印象を与えることができる「たらこ唇」。

魅力的と感じられることも多い唇ですが、逆にその存在感にコンプレックスを感じ、改善したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

そのような方にとって、「たらこ唇の治し方」は特に知りたい情報かと思います。

そこで本記事では、たらこ唇になる原因や治し方などを解説します。

たらこ唇をどうにかしたい方・コンプレックスを解消したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

たらこ唇とは厚めの唇のこと

たらこ唇とは厚めの唇のこと
「たらこ唇は○cm以上」という厳密な定義はありません。

ただし、「上下の唇を合わせて2.5cm以上」の方は、たらこ唇と分類される傾向があります。
たらこ唇とは?
日本人の場合、「美しい」といわれる唇の厚さは「上唇が約0.8cm・下唇が約1cm」で合計1.8cmです。

これと比較すると、たらこ唇と分類される2.5cmは約1.4倍であり、厚めといえるでしょう。

また、人間は他人の顔を見る時、自然に存在感のあるパーツに注目します。

そのため、唇の印象が強い方はどうしても「たらこ唇」と評されやすくなるのです。

たらこ唇の特徴について解説しましたが、「なぜたらこ唇になってしまうのか」といった原因が気になるかたもいるのではないでしょうか。

次の項目では、たらこ唇になってしまう主な原因を紹介しますので、ご覧ください。

たらこ唇になる原因

たらこ唇になる原因
たらこ唇になる原因は、以下の通りです。

  • 遺伝
  • 口輪筋が弱い
  • 出っ歯や歯並びの悪さ
  • 手入れ不足による腫れや乾燥
  • 口呼吸

それぞれの原因について解説します。

遺伝

唇に限らず、顔や体のパーツは両親の特徴を引き継ぐ傾向にあります。

そのため、両親のどちらかが厚めの唇の場合、子どもにもその特徴が遺伝する可能性があるでしょう。

また両親がたらこ唇でなかったとしても、祖父母や曾祖父母がたらこ唇だった可能性もあります。

家系的にたらこ唇が引き継がれている場合には、「体質」のようなものとして受け入れるしかありません。

口輪筋が弱い

口輪筋とは、口の周りに張り巡らされている筋肉です。

口輪筋が弱い方は、唇を閉じにくい傾向にあります。

常に唇がぽかんと開いた状態となり、「たらこ唇」などと言われやすくなる可能性があるでしょう。

また口角が下がっている方は、下唇が突き出ているように見えることもあります。

いわゆる「ブルドッグ顔」になり、さほど厚みのない唇でも「たらこ唇」になってしまう傾向にあります。

出っ歯や歯並びの悪さ

出っ歯の方の中には、歯が唇を前に押し出してしまっている状態の方がいます。

この状態により、笑ったときなどに唇の内側が見えやすく、本来の厚み以上に唇が厚く見えてしまうでしょう。

また、歯が適切に咬み合っていない方は、上下の顎がずれている可能性があります。

上下どちらかの唇が前に出たり、唇の内側が露出したりしやすく、顔のパーツの中でも唇の印象が強くなってしまうでしょう。

この状態の場合、唇の厚みにかかわらず「たらこ唇」と言われることが多いかもしれません。

手入れ不足による腫れや乾燥

唇のお手入れを怠った場合、唇が腫れてしまったり乾燥で固くなったりして分厚く見えることがあります。

唇は、元々角質層が薄いうえに、皮脂を分泌する皮脂腺や汗を出す汗腺がないため、外からの刺激にも弱く、すぐに乾燥しやすい部位です。

また唇は、角質層のターンオーバーサイクルが早いことも特徴です。

3~4日周期で新陳代謝を繰り返しており、角質を作るために常に水分が必要となるため、ダメージや乾燥により赤くなったり腫れたりした唇は厚みが出て、たらこ唇の印象を与えやすくなるでしょう。

口呼吸

口呼吸を行っている方は、常に口が開いた状態です。

だらしない口元の印象が、見る人に「たらこ唇」という印象を与えている可能性があるでしょう。

また口呼吸をしていると、唇をすぼめてしまうこともあるでしょう。

口をすぼめることで、唇が厚く見えることから、たらこ唇と言われやすくなります。

このほかに、口呼吸によって唇が乾燥したりダメージを受けやすくなったりする点も要注意です。

前述のとおり、ダメージを受けた唇は本来の唇よりも分厚く見えてしまいます。

たらこ唇を自力で治す方法

たらこ唇を自力で治す方法
たらこ唇を自力で治す方法は、以下の通りです。

  • メイクでカバーする
  • リップ選びに注意する
  • 口周りのエクササイズを行う
  • マッサージを行う

それぞれの方法について解説します。

メイクでカバーする

たらこ唇特有の唇の厚みを調整したいときは「グラデーションリップ」で仕上げるのがおすすめです。

グラデーションリップとは、唇の内側から外側に向かって徐々に色を薄く仕上げるメイク方法のことをいいます。

グラデーションリップなら唇の中央部分が強調されるため、厚みを目立ちにくくすることができるでしょう。

リップカラーと肌との境界があいまいになり、うるんだようなピュアな唇にも仕上がります。

グラデーションメイクにチャレンジする場合は、「コンシーラー」「リキッドファンデーション」「リップ」を用意しましょう。

手順については、以下の通りです。

まずはコンシーラーを使って、唇の赤味を消します。

その後の手順は以下のとおりです。

  1. リキッドファンデーションで唇の輪郭を消す
  2. 唇の中央にリップを塗る
  3. 指でタップして色を外側に広げる

指だけできれいなグラデーションにならない場合は、綿棒で唇と肌の境界をぼかすとよいでしょう。

リップ選びに注意する

たらこ唇と言われる方は、ベージュ系のマットな色味がおすすめです。

華やかで明るいカラーを唇に乗せると、唇の存在感がより一層強くなってしまいます。

またキラキラ・ツヤツヤのグロスやティントも、たらこ唇には鬼門です。

唇に過度な照りやツヤ感を乗せてしまうと、全体が膨張して見えてしまうでしょう。

セクシーで色っぽい唇にはなりますが、たらこ唇は解消できません。

口周りのエクササイズを行う

口周りのたるみによってたらこ唇に見えている方は、口輪筋を鍛えるエクササイズできれいな口元を実現できる可能性があります。

日常に取り入れて、衰えた筋肉を鍛えましょう。

まずは以下の手順で、簡単なエクササイズを行ってください。

  1. 唇を思い切り前に突き出し「うー」と声を出す
  2. 口角を思い切り上げて「あー」と声を出す

「あー」というときは歯が出るようにし、思い切り笑顔を作るのがポイントです。

これを10回以上繰り返しましょう。)

このほか、「割り箸をくわえたまま微笑む」「風船の口を押さえずに風船を膨らませる」「口笛を吹く」なども、口輪筋を鍛えるうえで有効と言えるでしょう。

マッサージを行う

口輪筋が衰えている方は、すでに筋肉が固くなっている可能性があります。

口元の印象を変えるなら、エクササイズの前後にマッサージを行うのがおすすめです。

口輪筋をほぐすマッサージは、以下の手順で行いましょう。

  1. 指先でこめかみ周辺をもみほぐす
  2. 頬周辺を後ろから前に向かってもみほぐす
  3. 手のひらで口の周りを後ろから前に向かってもみほぐす

こめかみや頬周辺のマッサージを行う際は「円を描くように」を意識しましょう。)

マッサージを繰り返すことで、口輪筋はもちろん、口輪筋につながる筋肉も揉みほぐすことができます。

また口輪筋を重点的にマッサージしたい場合は、人差し指と中指を使って、口の上・下・横を10~20秒程度マッサージしてください。

このときも、円を描くように動かすことが大切です。

たらこ唇を根本的に治すことを目指す方法

たらこ唇を根本的に治すことを目指す方法
たらこ唇を根本的に治すことを目指す方法は、以下の通りです。

  • 歯列矯正
  • 美容整形

それぞれの方法について解説します。

歯列矯正

たらこ唇が出っ歯や噛み合わせの不整合・受け口などによるものの場合は、歯列矯正で見た目の印象が変わる可能性があります。

歯列矯正の種類は「ワイヤー矯正」「マウスピース矯正」の2種類があります。

ワイヤー矯正は、抜糸を行って歯のスペースを空け、前に出ている歯を押し込む矯正スタイルです。

矯正ではごく一般的な施術方法で、料金も比較的安価に抑えられます。

マウスピース矯正は、抜歯をせずにスペースを作る矯正スタイルです。

矯正装置が目立たないというメリットがありますが、矯正できる範囲には限界があります。

施術が成功するかどうかは人によるため、歯科医とじっくり相談することが必要となるでしょう。

    <効果については事前に医師に確認を>

    矯正を行ったからといって、必ずしもたらこ唇が治るわけではありません。
    遺伝などの理由で、歯の並びが整っても唇の厚さはさほど変わらないということは十分にあり得ます。

    唇の厚さが理由で歯列矯正に取り組む場合は、必ず歯科医にその旨を伝えてください。
    歯列矯正を行うかどうかは、説明を聞いてから判断しましょう。

美容整形

たらこ唇を治す方法として、美容整形もあります。

施術によって物理的に唇の幅を狭くするため、たらこ唇に見える原因を問いません。

エクササイズや歯列矯正だけでは治せない、「遺伝によって唇が厚い方」も、すっきりとした唇にを目指すことが期待できるでしょう。

また、美容整形であれば、「上唇だけ」「下唇だけ」などの希望も叶えられるでしょう。

顔に対してベストなバランスの唇を実現できれば、顔全体の印象さえ変わるかもしれません。

たらこ唇の美容整形の治療は「口唇縮小術(たらこ唇修正)」

たらこ唇の美容整形の治療は「口唇縮小術」
たらこ唇を美容整形で治療する場合「口唇縮小術(たらこ唇修正)」という手術が行われます。

これは、唇の外側から見える部分と、口腔内の湿った部分の境界部分を切除し、縫合して唇を薄くする手術です。

外側から見える部分は「ドライリップ」、口腔内の部分は「ウェットリップ」と呼ばれます。

ドライリップとウェットリップ

境界部分を切除し、物理的に唇のボリュームを減らしているため、たらこ唇の改善を期待できます。

また、切除する境界部分は外側から見えにくいため、傷跡も目立ちません

さらに、唇の粘膜部分は修復力が高いため、術後のダウンタイムも短い傾向にあることがメリットです。

切除する量などの内容によっても異なりますが、美容整形の手術の中では、負担が少なめの手術といえます。

口唇縮小術については、以下のQ&Aで詳しくお答えしているため、興味を持っていただけたら、ぜひこちらもご参照ください。

口の整形のQ&Aページはこちら

当院・銀座マイアミ美容外科では、この口唇縮小術と併せて「M字リップ形成」の施術を行うことも可能です。

この施術は、メリハリのある綺麗な唇のラインを作成する手法です。

ダウンタイムも口唇縮小術と同程度で、負担が少なめの施術といえます。

【まとめ】たらこ唇の治し方は美容外科にご相談ください!

【まとめ】たらこ唇の治し方は美容外科にご相談ください!
たらこ唇は、見た目の印象だけであれば、自力で改善することもできます。

しかし、根本的に治したいのであれば、歯科矯正か美容外科の手術が必要となります。

そして、多くのたらこ唇は歯が原因ではなく、唇のボリュームが原因となっているため、美容外科の手術が有効な選択肢の一つといえます。

その美容外科の手術は主に「口唇縮小術(たらこ唇修正)」ですが、この手術を行うのに十分な知識と経験を有する医師に、施術を依頼することが重要です。

そのような医師の条件の一つは、日本専門医機構が認定する形成外科専門医の資格を持っていることです。

この資格を持つ医師は、口唇縮小術の基本となる形成外科の分野で、十分な知識と経験を有していると考えられます。

そして、当院の口唇縮小術はこの形成外科専門医の資格を持つ医師のみが担当しています。

このため、患者様の唇の状態に適した手術をご提案できることが特徴です。

「たらこ唇をスッキリと美しい唇にしたい」とお考えの方は、ぜひ当院までご相談ください。

無料のご相談はこちら

このコラムを監修したドクター

丸山 直樹

銀座マイアミ美容外科 院長

丸山 直樹 Naoki Maruyama

日本専門医機構 形成外科領域専門医 / 医学博士 /
昭和大学藤が丘病院 形成外科兼任講師

  • facebook_icon
  • instagram_icon
  • twitter_icon
  • youtube_icon

経歴

  • 1978年
    愛知県豊橋市生まれ
  • 2004年
    昭和大学医学部卒業
  • 2004年
    聖隷浜松病院 勤務
  • 2007年
    昭和大学形成外科学教室 入局
  • 2013年
    昭和大学藤が丘病院形成外科 講師
  • 2014年
    他院 大手美容外科 入職
  • 2015年
    同院 統括院長就任
  • 2017年
    銀座マイアミ美容外科 開院
  • 2018年
    医療法人社団形星会 理事長就任

メッセージ

M字リップ形成や、たらこ唇の修正手術で、魅力的な形の唇を作ることもできます。お悩みのかたはぜひご相談ください。また、当院では、唇の手術だけでなくセットバックといった顎の手術でも口ゴボを改善することができます。手術は日帰りで可能です。

カテゴリー

CONTACT

お問い合わせ

まずは無料のご相談から。
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談・ご予約はこちら

03-3567-0055

受付時間
10:00 - 19:00

OTHER
NEWS & COLUMNS

その他のお知らせ & コラム

すべて

お知らせ

コラム

TOP

マイアミ美容外科イメージ画像