マイアミ美容外科の顔の脂肪吸引

こんな方におすすめ

  • 顔痩せしたい
  • 小顔になりたい
  • しもぶくれを解消したい
  • フェイスラインをくっきり出したい
  • 二重アゴを解消したい
  • ほうれい線が目立つ
  • ゴルゴ線が目立つ
  • マリオネット線が目立つ
  • 鼻の横や頬でタコ焼きが出来ている
  • 顔のリフトアップをしたい
  • 将来の頬のたるみを予防したい
  • ほほの内側を噛みやすい

この施術の特徴

1.顔が痩せる
2.皮膚のたるみの解消
3.顎のラインがシャープに
4.小顔になる
5.二重アゴの解消

顔の脂肪吸引には主に上記のような効果があります。脂肪溶解注射と異なり、脂肪細胞そのものを除去するとともに、皮膚を引き締める作用が強いので、1回の施術で確実に効果が出ます。

顔の脂肪は次の4つの部分に分かれます。


 1.頬(ほほ)

頬の脂肪吸引の効果
頬は顔の中でも皮下脂肪が厚い部分のひとつです。ほほの皮下脂肪が多い場合は“丸顔”や“しもぶくれ”の原因になります。頬の脂肪吸引ではこれらの悩みの原因となる脂肪組織を直径1.5mmほどの細い管を使って吸引除去します。脂肪は浅い層と深い層の二層に分かれています。主に深いところの脂肪を根こそぎ取り、浅いところはわずかに残します。浅いところの脂肪まで根こそぎ取ってしまうと、頬のコケや凹凸の原因になったり色紙沈着して茶色くなる原因になったりしますので細心の注意が必要です。正しく脂肪吸引することにより、頬の痩せ、たるみの引き締め、スッキリしたフェイスラインになります。
頬の脂肪吸引のキズ跡
脂肪吸引をする際は、1.5mmの管を両耳の耳たぶの裏の付け根のところから入れますので、傷跡は全く見えません。傷跡は1から2ミリくらいで、1から3ヶ月くらい硬くなることもありますが、いずれよくわからなくなります。医師でも頑張って探さないとわからなくなるくらいの見えない傷になりますのでご安心ください。

 2.顎の脂肪吸引

顎の脂肪吸引の効果
顎には、皮下の脂肪と広頚筋下の脂肪と2種類の脂肪があります。顎の脂肪吸引では、これらの脂肪をきちんと認識しながら吸うのが大切です。特に、下顎の骨(下顎骨)の縁に沿った脂肪吸引をすることで、フェイスラインをくっきりと見せることが可能になります。二重アゴに悩んでいるかたの場合は、皮下脂肪に加えて、筋肉の下にある脂肪もきちんと吸引することで顎下がスッキリして二重アゴが解消されます。
顎の脂肪吸引のキズ跡
顎を脂肪吸引する場合は、両側の耳たぶの裏と、前からは見えない顎先の部分から吸引の管を入れます。それぞれ、傷の長さは1から2mmくらいで目立ちません。

 3.メーラーの脂肪吸引

メーラーの脂肪吸引の効果
メーラーとは、ほうれい線とゴルゴ線に挟まれた部分の脂肪を指します。メーラーの脂肪が多いと、鼻の両脇がもりっとした印象になります。ほうれい線に肉がかぶさり、深いしわができやすくなります。メーラーの脂肪吸引をすることで、ほうれい線やゴルゴ線が目立ちづらくなります。また、頬がリフトアップして見えるので若返りの効果が得られます。
メーラーの脂肪吸引のキズ跡
鼻の穴の中から吸うので、傷跡は見えません。縫うような大きさの傷にならないので、抜糸も必要ありません。

 4.バッカルファット

バッカルファットの効果
バッカルファットとは、こめかみからほっぺたの裏にかけてタラコのような形で存在する脂肪の塊のことです。若い時は、この脂肪の塊はこめかみにあるのでなんの悪さもしませんが、加齢とともに下の方に下がってきますので、下膨れや顔のたるみの原因になります。下垂の程度が強いと、マリオネットラインの原因になったり、ブルドッグ顔の原因になったりします。特に、食事の際に頬の内側を噛みやすいかたは、バッカルファットが下がってきているかボリュームが多いので脂肪吸引の適応になります。現在下がっていなくても、あらかじめ除去しておくと将来のたるみの予防にもなります。
バッカルファットのキズ跡
キズ跡は口の中にできます。上の奥歯のところを1cmくらい切るだけ ですので、目立ちません。

マイアミ美容外科の
強み・ポイント

顔の解剖、脂肪の位置を知り尽くした形成外科専門医が施術を担当。顔は、大切な神経や血管、涙や唾液を作る組織などが密集した場所です。
脂肪吸引をする際はそのような大事な組織にダメージを与えないよう細心の注意を払います。当院では、顔の解剖に精通した形成外科専門医しか顔の脂肪吸引を担当しません。
さらに当院では、その中でも顔面の骨折などの怪我、悪性腫瘍などの手術の経験が豊富で、さまざまな患者さんの皮下脂肪やバッカルファットの手術操作をしてきた医師のみが顔面の脂肪吸引を担当します。
顔の表面から、皮膚の下の血管や神経唾液腺などが手に取るように分かるようでなければ、安全な手術ができないと考えるからです。

顔の脂肪吸引の施術内容

カウンセリングで、どの箇所の脂肪吸引をしたら効果的であるかを 判断します。
つぎに、座った状態で脂肪吸引する箇所に印をつけます。この時に、どこをどのくらい吸うのかを決めてメリハリをつけてデザインをします。
完全無痛の静脈麻酔を希望の方の場合は、点滴から眠る薬が投薬されてすぐに寝ます。眠って痛みを感じない間に手術は終了します。吸引の管は1.5mmくらいの細さですので、耳たぶの裏や顎下、鼻の穴の中など目立たない箇所から吸引します。
バッカルファットの場合は、口の中に1cmほどの切開をしますが溶ける糸で縫いますので抜糸の必要はありません。
吸引後は、包帯固定してクーリングしながら、休む部屋でしばらく休憩してから帰宅していただきます。
翌日から、1週間まではなるべく長い間圧迫のフィエイスバンドを締めておくと腫れづらいです。

施術詳細

料金
200,000円
顎下
200,000円
メーラー
200,000円
バッカルファット
200,000円

※上記料金の他に麻酔代金が必要となります。
局所麻酔 +50,000円
静脈麻酔(寝る麻酔)+100,000円

小顔セット
300,000円
モニター価格
250,000円
リピーター価格
200,000円
セット内容
 

-頬・顎下の2箇所の脂肪吸引

  

-エラボトックス

  

-麻酔代

  

-術後圧迫に使用するフェイスバンド

  

-薬

  

(総額約60万円が30万円)

※セット価格はすべて税抜き価格です。

※上記料金以外に血液検査代金10,000円(税抜き)が必要な場合があります。

※モニター様には施術前、施術後の写真、感想をいただいています。

※BMIが30以上の場合はモニター施術ができない場合があります。

 BMI=体重kg/身長m/身長m

 例)身長160cm体重65kgの場合は65kg/1.6m/1.6m=25となります。

※リピーターとは当院でお得なセットメニューを1回受けていただいたかたのことです。

施術時間
30分程度
ダウンタイム
3日程度腫れ、7日くらいむくみが出ます。こちらは、フェイスバンドで圧迫していただければ大丈夫です。 痛は軽度あります。内服の痛み止めを飲んで普通に生活できます。 うちみねんざのような内出血は1週間から10日くらいで消えます。
→ダウンタイムの様子は院長ブログをご覧ください。
入院の必要性
なし
通院回数
手術後1週間、手術後1ヶ月は必須。 その後、可能であれば3ヶ月、半年での通院をお勧めしています。
持続性
永久的
傷跡
1カ所1から2ミリくらいの傷、半年から1年以内に目立たなくなります。また、お化粧で隠れます。

ご予約・ご相談contact

お電話でのご予約・ご相談 03-3542-5551
受付時間
10:00~19:00