3DCT画像で骨きり術のシミュレーションをしています

下あご、上あごの手術

骨きりの手術でちょっと特殊なものは
あらかじめシミュレーションをします。

このかたは、以前、他の美容外科で
顎先の骨削りの手術をうけたものの
顎が逆に角ばってしまい
当院に、治療の相談にこられたかたです。

1回でも手術を受けていると
正常の骨の構造では無くなってしまいます。

そのような場合は、
CT検査をして、3DCT画像を
構築して、シミュレーションします。
さらに、立体モデルを作成して
手術前にモデルサージャリーをします。
実寸大の患者さんの骨を
あらかじめモデルで切ってみて
最適な手術計画をたてるわけです。

骨きりの手術にはセンスという
ものが当然大切になってきます。
でも、行き当たりばったりの手術を
するのではなく
あらかじめ綿密な手術計画を立てる
というのも時には重要です。

今月末の手術にむけて
毎日のようにシミュレーションをして
手術当日は
まったく迷いのない手術をします!

ぽちっと応援お願いしますね。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村