術前シミュレーション通りに骨を切る!エラ削り。(注意:骨の写真あり)

下あご、上あごの手術

当院では、エラ削りを始め
下顎のセットバックや頬ボネ削り
など顔の骨切りは全て
実物大のモデルを作成して
手術のシミュレーションが可能です。

特に、左右の骨の形が違う場合に
術前のシミュレーションは役に立ちます。

このように、
シミュレーション通りに骨を切ります。
骨のモデルの赤い線のところで
エラの骨を切っています。

このかたは、右と左でエラの骨の大きさが
結構違ったので
右を大きめに、左を小さめに切らなくては
なりませんでした。

なので、手術前にCTを撮影して
それから3Dのモデルを作成して
シミュレーションしておきました。

あとはその形通りに手術で骨を切れば
良いというわけです。

シミュレーションすることで
手術が簡単になるので
手術時間も短縮できます。

今回のエラの骨切りは1時間くらいでした。

ポチッと応援もお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村