急患に遭遇したらどうしますか?

ブログ

9月27日、急遽実家に帰省することがあり、その帰り道の新幹線で、突然アナウンスが流れました。
”お客様の中で医療関係者のかたがいらっしゃるようでしたら、7号車デッキまでお願いします。”
急患が出たようでした。今は美容外科医ですが、医者にはかわりありませんので、急いでデッキに行くと乗客が嘔吐して倒れていました。呼びかけには応えません。呼吸あり脈拍も橈骨動脈で触知可能。対光反射あり。大量嘔吐で、酒臭いので、おそらく急性アルコール中毒と思われました。とりあえず、呼吸を確保。そうこうするうちに数名の人たちが集まってきました。血圧計と聴診器しか医療機器が無いので、特になにも処置らしい処置は出来なく、見守るだけでしたが名古屋まで3分とのこと。無事、名古屋駅ホームで救急隊に引き渡して一件落着。集まってきた人たちに聞くと、眼科医、形成外科医、看護師2名とのこと。みんなかなり専門外ですが、自然と集まりました。そして、びっくりしたのが、大学の同級生にも偶然出会えたこと。東京の学会に行く途中だったとのこと。15年ぶりの再会でした。いろんなことがありますね、、、。
後日、お礼状とお礼品をいただきました。

私は、結構、鉄ですので、オリジナルのボールペンをありがたくいただきました。

ポチッと応援もおねがいしますね。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村