後輩の指導もしています@昭和大学藤が丘病院

まぶたの手術

私、普段は自費診療の美容外科をしているのですが
毎週木曜日は、他の病院で保険診療をしているのです。

だから、毎週木曜日は、深堀先生に代診をお願いしています。

深堀先生は、私が前職で統括院長をしていたころ
知り合った先生で、性格も手術もバッチリなので
安心してなんでもお任せできます。

かれこれ3年前から毎週木曜日だけは
自分のライフワークの目の周りの手術(病気に限る)
を施術しに、東横線の菊名にある、きくな湯田眼科で
まぶたや涙の通り道の手術をしています。
そして、第4木曜日だけは、大学病院で
外来と手術をしています。

これは、開業をしても続けたいと思い
今後も続けて行くつもりです。

なんでかというと、特に大学病院ですが
やはり、後輩に指導をすることの大切さに
気づいたからです。

医者には、先輩から教わった知識や技術を
後輩に教える義務があると考えています。
そうやって、医学は進歩してきたので。

自分が教わったこと、勉強して身につけたことを
自分の関わる患者さんだけに使うのではなくて
これから、後輩が関わる患者さんにも
利益になるようにしないといけないと
思っています。

この日は、まぶたの手術を指導してきました。

開業が軌道にのってくるまでは一旦やめようかとも
考えたのですが、せっかく続けてきたことなので
なんとか続けようと頑張っております!

ポチッと応援おねがいします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村