豊胸と聞くと「シリコンバッグ」を使った豊胸を思い浮かべる方も多いはずです。
シリコンバッグを使った豊胸は不自然と思われる方もいますが、これは手術される方の体質や特性によって変わってきます。

元々、皮下脂肪が厚いかたの場合で、体に対して大きすぎるサイズのシリコンバッグを入れなければ、シリコンバッグ挿入後の見た目や触りごこちは自然です。
触られても普通の胸と区別できないくらいの仕上がりにすることもできます。

しかし、痩せて皮下脂肪が少ないかたに、大きなバッグをいれると見た目も触り心地も不自然な感じになってしまいます。

痩せているかたや大胸筋が薄いかたの場合はシリコンバッグ挿入に加えて脂肪注入をするなどの工夫をすることで自然に近い仕上がりにすることもできます。

それではシリコンバッグを使った豊胸について分かりやすく解説、補足していきます

シリコンバッグの豊胸とは

シリコンゲルをさらにシリコン膜で包んだ製品をシリコンバッグといいます。
ちょうど薄皮饅頭のような構造になっていて、餡の部分がシリコンゲル、饅頭の皮がシリコン膜と想像してみてください。

このシリコンを、乳房に挿入することで乳房のサイズアップを図るのがシリコンバッグ豊胸です。

シリコンバッグは1回で確実に2カップ以上のバストアップが可能な豊胸術です。

シリコンバッグは胸が硬くなるのは本当?

シリコンバッグの製品によっては、瘢痕拘縮という固い胸の原因になりやすいものもあります

当クリニックが採用しているシリコンバッグは、上記のようにモティバのエルゴノミクスです。
この製品は、瘢痕拘縮を起こしにくいシルクサーフェス(SilkSurface™)という特殊表面加工を施しています。

また、挿入する時に専用の挿入器を使用することで最近感染のリスクを極力抑える工夫をしています。

シリコンバッグの表面に細菌がくっつくとバイオフィルムというものを形成します。
そこで、炎症が慢性的に起こることで、シリコンバッグの周りに固い膜ができてしまいそれがシリコンバッグが固くなる原因となってしまいま

シリコンバッグ挿入後の見た目や触り心地は自然なの?

元々、皮下脂肪が厚いかたの場合で、体に対して大きすぎるサイズのシリコンバッグを入れなければ、シリコンバッグ挿入後の見た目や触りごこちは自然です。

触られても普通の胸と区別できないくらいの仕上がりにすることもできます。

しかし、痩せて皮下脂肪が少ないかたに、大きなバッグをいれると見た目も触り心地も不自然な感じになってしまいます。
ですから、シリコンバッグの適応をきちんと判断することが大切になってきます。

また、痩せているかたや大胸筋が薄いかたの場合はシリコンバッグ挿入に加えて脂肪注入をするなどの工夫をすることで自然に近い仕上がりにすることもできます。

立った状態で自然な外観でも寝ると横に流れづらいのがシリコンバッグの不自然な点で脂肪豊胸と比べると流れづらい胸にはなりますが、シリコンバッグを入れるポケットを広く作成することで横に流れる胸を再現可能です

シリコンバッグが優れているポイント

1.確実に2カップ以上の豊胸が1回でできる
2.大きさが永久的に持続する

1.確実に2カップ以上の豊胸が1回でできる

  一般的に脂肪豊胸では2カップアップくらいまでが限界と言われています。さ
  らに1回の手術では通常最大1カップアップとなります。ヒアルロン酸豊胸で
  は、1回で2カップのバストアップをすると、シコリ発生のリスクが高くなり
  ます。なので、安全性を保った上で確実に2カップ以上の豊胸を1回の施術で
  行なえるという点でシリコンバッグには利点があります。

2.大きさが永久的に持続する

  脂肪豊胸の場合、手術後に激痩せするとバストのサイズが下がります。またヒ
  アルロン酸豊胸の場合は、ヒアルロン酸は時と共に吸収されますので、例えば
  半年ごとに注入を繰り返さないとサイズをキープ出来ません。シリコンバッグ
  は溶けてしまったり吸収してしまったりということはないので永久的に大きさ
  が持続します。

シリコンバッグはこんな方におすすめ

1.1回の施術で2カップ以上のバストアップを必ずしたいかた
2.脂肪豊胸では十分な大きさにならなかったかた、取る脂肪が無いかた
3.乳がんで乳房全摘術をうけて、乳房再建をしたいかた
4.とにかく巨乳を目指しているかた

シリコンバッグは何ccでどれくらいバストアップするの?

シリコンバッグは一般的には100ccで1カップ上がると言われています。

また、当クリニックでは高充填率のシリコンバッグを採用しています。
つまり、シリコンバッグの中にシリコンゲルがぎっしりつまっているタイプのバッグなので例えばバストトップを出したいといった要望にもお応えできます。さらに同じ体積でも縦横高さを何センチにするかということも選択できます。

シリコンバッグの取扱いサイズ

当クリニックでは、シリコンバッグとしてMotiva(モティバ)を採用しています。
このシリコンバッグは、東洋人向けのサイズもあり、約350種類のサイズのなかから患者さんにとって最適なサイズを選択することが可能です。

バッグのサイズは、直径、高さ、弧を選ぶことができます。
直径は8.5cmから15cmまで5mm刻みで選択でき、高さは低いほうからMINI(ミニ)、DEMI(デミ)、FULL(フル)、CORCE(コース)の4つのシリーズから選択可能です。

日本人にはミニやデミが適合しやすい場合が多いです。
さらに、それぞれのシリーズで体積も選ぶことが可能です。※500ml以上の大きなバッグもご用意可能です。

シリコンバッグの挿入方法について

代表的な挿入方法として3つのアプローチがあります

・大胸筋下挿入術(一番ナチュラルな仕上がり、垂れた胸には不向き)

 一般的なシリコンバッグの挿入方法です。大胸筋という胸の一番大きな筋肉の下
 に入れるので、一番ナチュラルな仕上がりになりやすいです。また、被膜拘縮や
 感染症などのリスクも低減できます。デメリットは垂れてしまった胸には適用で
 きない点です。垂れた胸に大胸筋膜下挿入術を行うと、鏡餅みたいに2段になっ
 た胸が出来てしまいます(ダブルバブル変形)。

・乳腺下挿入術(バックの形が出やすい、垂れた胸でもできる)

 広く行われている方法ではあり、垂れた胸にも適用できるというメリットがあり
 ますが、感染、被膜拘縮のリスクが他の方法に比べて高いのでお勧めできませ  ん。

・大胸筋膜下挿入術(垂れた胸に一番適している)

 垂れた胸に適用できる点と、乳腺下挿入術に比べると感染や被膜拘縮のリスクが
 下がります。下垂があって、大胸筋下にシリコンバッグを挿入できない時の代替
 手段となります。

シリコンバッグの注意点は?

1.異物である
2.劣化がある
3.一部のシリコンバッグにおいて、悪性リンパ腫の発生のリスクがある

1.異物である

シリコンバッグは異物です。
体の中に異物を入れるということは、細菌感染のリスクや瘢痕拘縮のリスクが常にあると考えておかなくてはなりません。
手術から何年かしてからでも感染や拘縮は起こります。特に乳腺下に入れたシリコンバッグには感染や拘縮が多いです。

理由としては、乳腺には乳管という管があり、それが乳頭に開口しています。
乳管とは乳腺で作られた母乳を乳頭まで運ぶ管ですが、その管を伝って皮膚の方から乳腺の方にも細菌が入ってくるからです。

乳腺下に挿入したシリコンバッグは乳腺と接しているので外界からくる細菌が繁殖するリスクがあります。
また、人間には異物から体を守仕組みが備わっています。乳房に入れたシリコンバッグからも体を守ろうとします。
その結果出来るのがカプセルです。つまり、膜がシリコンバッグの周りを取り囲んで包んでしまいます。
その膜が縮こまるとカプセル拘縮という状態になります。

カプセル拘縮を起こすと、胸が変形したり固くなったりしてしまいます。

2.劣化がある

最近のシリコンバッグの品質は昔に比べると向上してきていますが、それでも経年劣化は起こります。
衝撃で破れやすくなったり、シリコンゲルが漏れ出てしまったりというリスクがあります。

また、老化に伴って、乳房が下垂しますがシリコンバッグは何年経過してもその場に止まり続けますのでギャップが生じます。自分の胸は垂れてしまったのにデコルテのあたりにシリコンバッグが残るので2段の胸になるという変形が生じてしまいます。

3.一部のシリコンバッグにおいて、悪性リンパ腫の発生のリスクがある

アラガン社のテクスチャー加工が施されたシリコンバッグが原因で悪性リンパ腫が生じるという事例が増えてきました。
主に欧米で起こっていたことですが、近年日本でも発生を認めました。その結果をうけて、原因のシリコンバッグは自主回収されており現在は出回っていません。

しかし、過去に挿入を受けたことのあるかたは大勢いらっしゃいます。
そのような患者さんのなかから悪性リンパ腫を発症するケースもあるかと思います。変形や液体貯留、痛み、違和感などの症状がある場合は、受診されることをお勧めします。

当クリニックでは、そのような患者さんに対しては超音波検査を行ってシリコンバッグの状況の評価や場合によっては入れ替えなども行っております。

シリコンバッグの料金は?

シリコンバッグ豊胸 700,000円(税抜き)
静脈麻酔 100,000円(税抜き)

血液検査 10,000円(税抜き)

上記金額以外にはかかる費用はありません。

豊胸手術の種類の関連記事
  • コンデンスリッチ豊胸(CRF)のメリットデメリット
  • シリコンバッグを使った豊胸手術のメリットデメリット
  • ヒアルロン酸を注入する豊胸術(ヒアルロン酸豊胸)
  • PRP豊胸術のメリットデメリットについて
おすすめの記事
バレない豊胸ガイド
まずは無料相談(カウンセリング)をご利用ください 美容整形で失敗しないコツは「納得できる医師に出会うこと」です じっくり向き合い、細かい説明...