40代になってから下まぶたのたるみが気になるようになってきました。

二重まぶた・目の整形
下まぶたのたるみ取り

40代・女性

30代までは大丈夫だったのですが、40代になってから下まぶたのたるみが気になるようになってきました。
目袋がぷくっと膨らんでいるような感じになって、膨らみのせいで目の下が窪んだようになってクマができています。
友人などからはしばしば、疲れているの?とか、寝不足なの?と聞かれたりすることも多く、確かに疲れたような印象になってしまい、悩んでいます。
クマにコンシーラーを塗ったとしても凹みのせいで完全に消えることはありません。
弛んだところをつまんで目尻の方に少し引っ張るとクマも消えていい感じになりますが、はなすと、だわんとたわんでとてもガッカリします。
このたるみは、皮膚がたるんでいるのか、脂肪が飛び出ているのか良くわかりませんが、手術で改善することは可能なんでしょうか。
調べると、目の下を切ると書いてありましたが、傷跡が目立ったり、ひどく腫れたりしないでしょうか。
脂肪注入をして治すという方法もあるようですが、私のように目袋がぷくっと膨らんでいるタイプのクマでも適応できるのでしょうか。その方法も含めて、教えていただければと思います。

先生からの回答

ご質問ありがとうございます。
お話を伺っているとそれは、皮膚と眼輪筋のたるみによるクマですね。
年齢を重ねるごとに、残念なことに皮膚と眼輪筋は弛んできてしまいます。
この症状は早いかたで30代前半から起こります。皮膚と眼輪筋がたるむと、眼窩脂肪というのが飛び出てきます。
つまり、脂肪をささえるだけの力が皮膚になくなったせいで、表面に飛び出てしまうのです。そうなってくると、一番効果的な方法は手術ということになります。
手術では、下まぶたのまつ毛のきわを切開します。脂肪を移動させるハムラ法をする場合は、筋肉を皮膚に付けたまま下の組織から剥がして、目の下のくぼみに脂肪を移動固定したのちに余計な皮膚を筋肉ごと切除します。
脂肪を切除して、皮膚も切除する手術の場合は、皮膚と筋肉の間で皮膚を剥がして脂肪を切除した後で余った皮膚を切除します。
どの手術が適しているかは、実際の皮膚のたるみ具合や、脂肪の多い少ないをみて判断します。時には、余計な脂肪を切除してから足りないところに脂肪を移動する場合もあります。傷に関しては半年以内に目立たなくなります。
目立たなくなるまでの間も、お化粧で隠れる程度の傷ですのでご安心ください。脂肪を注入するだけの方法も可能ですが、3ヶ月以上開けて2から3回くらいの注入が必要かもしれません。
その場合は、皮膚のたるみは無くなりませんが、クマの凹が解消します。今回の場合は、切開してのたるみ取りが良いと思います。

ご予約・ご相談contact

お電話でのご予約・ご相談 03-3542-5551
受付時間
10:00~19:00