医師紹介

小野寺 剛慧

銀座マイアミ美容外科 SALONE 院長

小野寺 剛慧Takaaki Onodera
  • 日本専門医機構 形成外科領域専門医

経歴

  • 2006年
    和歌山県立医科大学卒業
  • 2006年
    東京医科歯科大学附属病院 勤務
  • 2008年
    昭和大学形成外科教室 入局
  • 2013年
    昭和大学病院形成外科 助教
  • 2015年
    他院 大手美容外科入職
  • 2018年
    船橋眼瞼下垂クリニック 院長
  • 2019年
    銀座マイアミ美容外科SALONE
    院長就任
  • 2019年
    医療法人社団形星会 理事就任

ごあいさつ

はじめまして。「銀座マイアミ美容外科SALONE」の院長を務める小野寺剛慧と申します。
馴染みのない言葉かもしれませんが、SALONE(サローネ)と読みます。
多くのかたがたと、美容や健康などを楽しく語り合う場になりたいという気持ちで名付けました。

前職で眼瞼下垂専門のクリニックを主宰していた経験から、当院では手術用顕微鏡を使用した眼瞼下垂手術に力を入れています。また、炭酸ガスレーザーを導入し、出血や腫れの少ない、まぶたの手術に取り組んでいます。
もちろん、美容外科手術全般も扱っており、豊胸、輪郭形成、脂肪吸引、若返り治療などを得意としています。

私は、来院された方すべてに、「来てよかった。」と言っていただけるような治療を目指しています
人のお悩みは千差万別で、型通りの治療では満足されないこともままあります。
このため技術力も大事ですが、それと同じくらいに医師と患者様のコミュニケーションが重要です。コミュニケーションが十分になされて、その方にあった治療方法を選択でき、それが最良の結果につながるのです。

治療の第一歩はカウンセリングです
たとえ治療をするまでは考えていなくても、最適な治療方法を知ることは大切です。
どんなささいなことでもかまいません。気軽に話すことから始めてみませんか?