脂肪豊胸(脂肪注入豊胸)とは/自然なバストアップと触り心地が良い

脂肪豊胸は「切らない豊胸」として人気があります。

脂肪豊胸はいろいろな美容整形クリニックが独自の名前をつけているケースが多い術法。
仕上がりも自然なため、もっとも人気が高い方法と言えるでしょう。

脂肪注入豊胸は、ご自身の脂肪を吸引して胸に注入します

サイズアップは、1回の施術で0.5から1カップ程度が可能。
脂肪を吸引した部分は部分痩せしますので一石二鳥の手術です。

脂肪豊胸が選ばれている利点

・異物でなく、自身の脂肪を使う点

・仕上がり度が高い

シリコンやヒアルロン酸などと違って異物リスクがありません。
仕上がりも自然で見た目や外観だけでなく、触感がとても自然で大変人気があります

コンデンスリッチファット(CRF)について
脂肪豊胸には「吸引した脂肪」を遠心分離器にかけて純粋な脂肪を取り出し、注入する「コンデンスリッチファット(CRF)」もあります。
CRFは生着率が20%アップします。

脂肪豊胸はどんな女性におすすめ?

・定着率を良くしたい
・合併症などのリスクを減らしたい
・部分痩せしたい
・ダウンタイムを短くしたい

ヒアルロン酸豊胸に比べ、持続性が抜群です!

注入後に生着する脂肪は注入したうちの30%程度といわれ、平均して1から2カップ程度のサイズ変化が可能です。

脂肪豊胸のデメリット

脂肪豊胸のデメリットは”一度に注入できる量が限られている”という点です。
注入量を無理して増やすと、感染やしこりのリスクが高まるため注意が必要です。

脂肪豊胸でのトラブル、後悔するパターンは「注入量と注入技術不足」のケースが多いです。脂肪豊胸に慣れていない場合や十分な実績がない医師が行うと「ダマ」になりやすく、しこりになってしまうケースがとても多いので注意して下さい。

・医師の実力不足だと不自然に
・入れすぎたりするとシコリの原因に

美容整形クリニックではさまざまなメニューがあります。
医師にも得不得意な領域があり、実績や経験が十分ではない場合には注意が必要です。
また脂肪注入豊胸はクリニックごとに値段設定も大きく違います。
その点も考慮し、実際の費用なども見ながら比較することが大切です。

脂肪豊胸の効果と持続性について

ヒアルロン酸豊胸は時間とともに、体内に吸収されサイズも元に戻ります。脂肪豊胸の場合は効果や持続時間はどのくらいなのでしょうか?
個人差はありますが、概ね以下のことが言えます。

1回の施術で平均的に1カップまでの豊胸が可能です。
→1回で2-3サイズアップしたい方には向いていません。
硬さや触り心地も最も自然です。

自分の脂肪を使いますので、アレルギーなどの反応もありません。
→異物を入れたり、注入しないので安心です。
傷跡に関しても、シワに隠れるようなるのでパッと見でバレることはありません。

手術後1カ月程度経過したサイズがほぼ定着します。
→効果が半永久的です。
定着率をさらに上げる方法もあります。

脂肪豊胸では「3ヶ月経過したところでの大きさ」が、極端に痩せない限り持続します。

ヒアルロン酸豊胸のように「一時的」ではないのが利点です。

脂肪豊胸を出来ない人は?

「痩せ型人は難しい」と一般的に言われています。
採取する脂肪がないと、複数個所から採取する必要もあり、高額になるケースも多いようです。

そのような方には「バレない豊胸」がおすすめとなります

これは脂肪豊胸を進化させたオリジナルな方法です。

脂肪吸引の技術力に自信があるドクターであれば、引き受けられる許容範囲は大きくなります。脂肪注入豊胸でドクターを選ぶ際には、過去の痩せ型豊胸の実績についても確認しておくと良いでしょう。

脂肪豊胸の手術料金

マイアミ美容外科の場合、通常の豊胸脂肪注入は300,000円に加え、、脂肪吸引代が必要です

 

脂肪豊胸のまとめ

当院の脂肪豊胸のメニューは大きく2つに分かれます。

一つ目は、普通の脂肪を注入する豊胸。

二つ目は、コンデンスリッチファットを注入する豊胸です。

コンデンスリッチ豊胸(CRF)とは?

コンデンスリッチ豊胸とはコンデンスリッチファット(CRF)の注入で豊胸をすることです。
(CRFとは、脂肪吸引した脂肪を荷重遠心分離という方法を用いて精製した脂肪のこと)

普通の脂肪豊胸は、脂肪吸引した脂肪を静置して沈殿した不純物を吸引除去してから豊胸に用いますが、普通の脂肪豊胸や多血小板血漿(PRP)を脂肪に添加して豊胸するPRP豊胸よりもCRFの方が不純物が少なくなります。

・ポイント① 脂肪の定着率が高い
・ポイント② シコリの発生率が低い
・ポイント③ 表面の仕上がりが良い

コンデンスリッチ豊胸メリット

・シコリや合併症リスク低下

”シコリ”などの合併症が低下します。

またCRFには脂肪幹細胞の濃度が高まっているので、”定着率”も上がり、効率的な脂肪豊胸ができるようになります。

・定着率がさらにアップ
CRFを注入するコンデンスリッチ豊胸は、普通の脂肪豊胸や多血小板血漿(PRP)を脂肪に添加するPRP豊胸よりも不純物が少なくなるため、シコリや定着率の低下を気にすることなく自然な仕上がりが人気です。

30代以上の方にピッタリな理由

10代から20代のかたは、細胞の活性が高く(つまり生きの良い状態)、通常の脂肪でもとてもよく生着します。したがって、あえてCRFでの豊胸をするまでもないのではないかと考えています。

しかし、早い人で25歳過ぎてから、平均的には30歳を過ぎると年齢とともに細胞の活性は低下していきます。
そのような方には、通常の脂肪よりも生着率が高いCRFを利用すると良いでしょう。
※細胞の活性の程度には個人差があります

いわゆる”お肌の曲がり角”を感じているかどうかということが、ご自身で活性の低下があるかどうかを考える時に参考になるかと思います。
往往にして、肌細胞の活性の低下の有無で脂肪細胞の生きの良さの有無を推し量ることができると思います。

最近衰えを感じてきたと思われるかたは、CRFを選択しても良いでしょう。

コンデンスリッチ豊胸は、ばれない豊胸とどう違いますか?

コンデンスリッチ豊胸とばれない豊胸とは、採取した脂肪を分離処理するかしないかという違いだけで、術後の圧迫の仕方やダウンタイムは変わらないのでしょうか?
もし痛みなどが違うのであれば、やはり痛みの軽い方でやりたいと思っています。

コンデンスリッチ豊胸(CRF)の料金

コンデンスリッチ豊胸(CRF)は税抜き110万円です。

さらに別途脂肪吸引代金が脂肪吸引をする場所に応じてかかります。
こちらは、脂肪吸引もがっつりやって、さらにCRF豊胸を希望するかたのメニューです。
取るべき脂肪は根こそぎとって、豊胸に必要な脂肪はCRFに加工して片胸150から200mlずつ注入します。
人によってはもう少し入れることもあります。CRFに加工しなかった脂肪は、破棄します。

ばれない豊胸(税抜き30万円、脂肪吸引代、脂肪注入代、静脈麻酔代含む)にCRFを追加する場合は、追加料金15万円でCRFばれない豊胸ができます。

こちらは、脂肪豊胸が目的で、脂肪吸引自体が目的でないけどもCRF豊胸をしたいかたのメニューです。
豊胸に必要な脂肪のみ採取してCRFに加工し、片胸150から200mlずつ注入します。
人によってはもう少し入れることもあります。脂肪は使い切ります。

その他、血液検査代金税抜き10,000円、脂肪吸引した箇所の圧迫下着が税抜き12,500円必要です。

上記以外の費用はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です