ヒアルロン酸豊胸はメスを使わない、ダウンタイムが短い、手軽にできるなどメリットがあります。
大手クリニックでもヒアルロン酸豊胸を格安で行っていたり、キャンペーンの目玉にしているケースも見かけます。

不思議なのが「ヒアルロン酸豊胸」と謳っていても、値段はクリニックによりまちまち。
中には驚くような値段を掲載しているクリニックも見かけます。

ヒアルロン酸豊胸の値段の違いは何なのでしょうか?
ここではヒアルロン酸豊胸の価格差についてアドバイスいたします!

 

ヒアルロン酸の量で価格は決まります

ヒアルロン酸豊胸の値段は、基本的に注入する量によって決まります。

ホームページなどの値段表記の仕方を注意してみる必要があります。
この表記をしっかりチェックしないと「書いていた値段より高かった!」と後悔するケースも。

 

多くの美容外科では、1cc単位の値段で表記しています。

ご自身の乳房に何cc入れたらいいのかをカウンセリングで尋ねて初めて費用が決まると思った方がいいです。

一般的には100ccで1カップアップといわれています。

ちなみにヒアルロン酸を100cc入れるというのはかなりの量です。
ヒアルロン酸の入れすぎはシコリや感染のリスクが高まります。
普通は片胸に50ccくらいまでにとどめた方が安全です。

逆に「100ccでも大丈夫ですよ」というドクターやクリニックがいたら注意した方がいいでしょう。
豊胸手術の経験や知見がないリスクが考えられます。

1円でも値段が安い方がいいのだろうか?

 

値段の話に戻ります。

例えば1ccの料金が安くても、初診料や診察代、麻酔代金などを追加して総額が高くなる場合もあります。

広告をチェックする際は、その他費用がかかるかどうかにも気をつけてください。

カウンセリング前にクリニックにメール等で確認しておくことも大切だと思います。

 

相場感としては1ccで3000円から4000円です。

入れる量と診察量や麻酔代、アフターケアの料金などが上乗せされるケースもありますので、必ず総額を提示してもらう様にしましょう。

 

ヒアルロン酸豊胸と値段についてまとめ

 

最近のヒアルロン酸製剤は、品質もよくなってきており、乳房専用に開発されているものもあります。

しかし、いまだに乳房用でないヒアルロン酸を乳房に注入しているクリニックもあります。

 

原価の安い粗悪な製品を選んだり、関節に注入するために作られたヒアルロン酸を流用している場合もありますので、製品名や製造元の確認をすることも大切だと思います。

 

クリニックに問い合わせて、すぐに返答がなければ信用しない方が無難だと思います。

  • 後悔しないヒアルロン酸豊胸ガイド。手術を決める前に確認したい点を教えます
  • ヒアルロン酸豊胸の手術値段の差があるのはなぜ?安い手術の危険性
  • 豊胸をやめた方がいい、おすすめできない方は?やめた方がいい人や年齢制限はありますか?
  • 豊胸で胸が不自然に見えてしまう3つの共通点。バレたくない人は必見
おすすめの記事
バレない豊胸ガイド
まずは無料相談(カウンセリング)をご利用ください 美容整形で失敗しないコツは「納得できる医師に出会うこと」です じっくり向き合い、細かい説明...