乳腺や母乳が出ないなどリスクについて

strong>ヒアルロン酸豊胸手術を行うと授乳できないと聞いたことがあります。母乳が出ないなど授乳に関してのリスクやデメリット、乳腺への影響はあるでしょうか?
またレントゲンやエコー検査などでバレたりしますか?

豊胸手術が原因で授乳に困ることはなし

授乳に関する疑問や不安については基本的には安心してください
普通はヒアルロン酸は乳腺には注入しませんので、授乳も問題ありません
※誤って乳腺に入れてしまうと、感染や炎症の原因になって母乳にも影響します

乳腺はとても硬い組織です。
そのため相当頑張ってカニューレを差し込まなければ刺さることはありません。
先の尖った針で注入をしなければまず刺さることはないでしょう。

ヒアルロン酸は「かたまり」に注意を

注入に関しては、1つだけ注意が必要です。

乳腺に広く接する様に塊としてヒアルロン酸を注入するとリスクが上がることがあります。

乳腺というのは乳管を通して常に体の外と交通しています。
ということは、体の外から細菌が入ってくる構造になっています。

通常は、免疫機構があるので体の外から乳腺に細菌が入ってきても感染の状態にはなりません
しかし乳腺に接しているヒアルロン酸の塊の表面に細菌が巣食っている状態になることがあります。

専門用語でコロナイゼイションと言います。
感染状態ではないが、常に細菌がいて、免疫機能と拮抗している状態です。
その様なバランスが免疫が負ける方向に傾くと、感染が起こったり、慢性的に炎症を繰り返したりすることがあります。

ヒアルロン酸豊胸は検査でバレるのか?

・レントゲンやエコーで豊胸がバレる?という心配もよく聞きます。

乳腺から入ってきた細菌や、手術の時にヒアルロン酸と一緒に体に入ってしまった細菌が原因で、慢性炎症が続くと検査でばれます。

なぜなら炎症によりヒアルロン酸を包むカプセルができ、長時間カプセルがあると石灰化が生じるからです。
塊となりレントゲンやエコー検査に写ってしまうということです。

また、石灰化を起こさなかったとしてもエコーには必ずヒアルロン酸は写ります。

レントゲンは、塊でヒアルロン酸を入れた場合は写りますし、マンモグラフィーでも見えます。

そのため乳がん検診などの場合はあらかじめ医師にヒアルロン酸豊胸をした旨を伝えるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です