ヒアルロン酸豊胸は硬くて揺れないと聞いたけど本当か?注入量の目安についても教えます。*

ヒアルロン酸は硬くて揺れないというブログや記事を見かけました。ヒアルロン酸注入しても、自分の胸と比べてやはり固いですか?

ヒアルロン酸豊胸は自然な胸に近い

自然さでいうと、ヒアルロン酸豊胸は自然に近いです。

胸のサイズに対して少量のヒアルロン酸を注入した場合は自然な仕上がりです。

しかし、元々のサイズに対して多いヒアルロン酸を注入した場合はどうしても不自然になります。

少量であれば温度や硬さも通常の乳房と同じですが、多いと硬くて冷たいです。
その様なケースでは、想像以上に感触が硬いと感じる人が多く、見た目も不自然です。

ヒアルロン酸は「注入量」がポイントとなります
入れすぎると、シコリや不自然さが目立ちますし、少なすぎると効果を実感できません

自然に見える注入量は?

注入量はDカップくらいまでの方だったら片胸50cc未満ならば自然さを保てます。

それ以上はだんだん不自然な感じになってきます。
100cc入れると乳房がヒアルロン酸で満たされた様なかなり不自然な仕上がりになります。

ヒアルロン酸の注入技術とポイント

ヒアルロン酸の入れ方は、脂肪豊胸同様に細かく分散して注入することが大切
細かく分散して注入することで、一塊にして注入するよりも自然になります。

ただし、分散して注入する場合は持続期間は短くなります。
早くて3ヶ月くらい、長くても効果は半年くらいが一般的です。

半永久的な効果を望む場合は、脂肪注入がおすすめの方法となります

ヒアルロン酸の持続効果とシコリについて

一塊で注入すると、カプセルが形成されておそらく何十年も持ちます。
長持ちさせるため、わざと塊で注入するクリニックがあります。

しかし、その様な入れ方をした場合はシコリになってしまう確率が高いため注意が必要です

長期間(効果が)残る代わりに、シコリになるということです

見た目の自然さにこだわるならヒアルロン酸注入は、1回片胸50cc以下にして分散して注入することをお勧めします。

シコリはマッサージすれば小さくなる?無くなる?

「しこり」はマッサージしても基本的に柔らかくなりません。

むしろヒアルロン酸豊胸後のマッサージにはデメリットもあるので注意してください。

注入するときに分散して細かくヒアルロン酸を注入すると柔らかい質感の胸に仕上がります
逆に、塊で注入すると硬い感じの胸になります。

また、胸の体積に対して多すぎるヒアルロン酸を注入すると硬い胸になってしまいます。

安易にマッサージをすると予期せぬ場所にヒアルロン酸が移動してしまったりするので、注意が必要です。

最後に、あまり硬い胸に仕上げたくない場合は、柔らかい素材のヒアルロン酸製剤を選択するという方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です